島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-01-07 | NEW・G1フィッシング

初釣りは・・・


地元の消防出初め式は
恒例の宍道湖潜水道路で
一斉放水訓練が披露されました


今年は天気がよかったですから
きれいな虹のアーチがかかりました

団員は向かい風だったので
ずぶ濡れだったことでしょう

お疲れさまでした
今年もよろしくお願いします


さて
わたしはですね
初釣りに行ってきましたよ


ホームグランドの隠岐がすごく気にはなっていますけども

性格ですかねー

2シーズ目になる
江田島の筏からのブリ釣りが
どーも納得が行かず踏ん切りがつきません

今シーズンは
子どもたちと釣行した一発目に
メーター超えの推測10キロ超で幸先よくスタートしたものの

メンバーと挑戦した2回目、3回目はアタリすらなし


3回の釣行でブリらしきアタリは
わたし自身は1回のみ

メンバーに1回あって
これは針がすっぽ抜けて釣果に至りませんでした


これではねー
モヤモヤしたまま年越しして
初釣りで単独釣行に踏み切りました

今シーズンは
エサのコノシロがなかなか確保できないということで

コノシロの群れが小さいということは
それだけブリの魚影も薄いということでしょうかねー

まだまだこの釣りの経験が浅くて
詳しくは分からないのです

それでもですね
リスキーでただ待ちの釣りですけども
けっこうわたしハマりました

こういう釣りもなんだか好きですねー
宍道湖でひたすら待ちの鯉釣りも好きですしね

何よりもこの時期のブリは食べても最高です

家族からもリクエストがあって
「お父さん、釣りに行ってきてー」
「ブリが食べたーい」

と快く送り出してくれるもんですからね


そして待望のアタリが来ましたよ

緩めておいたドラッグがジジジーと鳴ってラインが走ります

慌てません

ゆっくりと竿を手にしてスプールに手をあててラインを止めます
絞り込まれる竿の穂先を確認しながら

ガッツーンと合わせを入れると
一気に走り出しました

ブリが来たぞー

スプールにあてていた手でドラッグを調整して
今度は巻きに入ります

かなりの重量感でドラッグが逆転

これも良型サイズだわ

貴重なアタリなので
いつもよりも慎重なやり取り
かなり時間をかけた感覚です



ジャーン
やったわー

この喜びを直ぐに家族にラインで報告


メーターには届きませんでしたが
丸々と太っちょのいいブリ

これも旨いぞー


やーこれでなんとか今シーズンの
筏ブリに踏ん切りが付きそうです

次に進めます


欲たらなわたしは

もう一本、もう一本と
期待を込めますが

この日もアタリはこの一回のみ

本命のアタリを待つ間は
胴付き仕掛けでフグやトラギスを狙います

こんな魚も


海域によってでしょうかねー

前回の場所はトラギスがよく釣れたんですが
この周辺はフグが多いようです

そのフグも水温の低下でしょうか
活性が低くアタリが小さいですねー

それでも家族で1回分の鍋の材料が確保できました

帰って早速検量してみると


うーん惜しい
大台にはちょっと足りませんでした

今シーズンの成績は
2回アタリがあって2本の釣果でした

次は隠岐へ向かってみます
海が穏やかになって
磯泊まりで夜釣りが出来るといいですがねー

この時期の夜釣りは
ワクワク、ドキドキ

おもしろいですよー
3922 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年1月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog