島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-03-19 | NEW・G1フィッシング

小規模校の卒業式


先週末はちょっと時化模様でしたかねー
寒の戻りもあって
風も強く
冷たい雨に見舞われました

わたしもこの週は釣りはお休みでした

家内の指令で
リビングの片付けや模様替え

子どもたちがいる頃は
釣り部屋にこもることも多かったですが
最近はリビングに釣具を持ち込んでいじっているもんですから

家内から釣具持ち込み禁止令も出されて
とりあえずは釣り部屋に戻すだけ

いっこうに片付きません

まあー
ほとぼりが覚めれば
また少しずつ持ち込んではいじります

道具をいじりながらも
少しは会話もありませんとねー
歳かなー

家内は
「いまさら」って
面倒くさがっていますけどもねー


さて
今日は
地域の小学校の卒業式に
お邪魔させてもらう機会がありました

今シーズン3校目です

その中でも最も小規模校で
なんと卒業生2名
在校生11名の合計13名での
卒業式でした



よかったですねー
大変感動しました
我が子の卒業式よりも
うるうるきました

我が子の幼、小、中は
もっぱら家内に任せっきりで
小学校の卒業式ってこんな感じなんだなー
とあらためて認識することになったんですが
いいですねー

わたしの主観ですけども
規模が小さければ小さいほど
地域との関わりが深く
人と人との繋がりもより強いように感じられます

それと子どもたちがいいですねー
先日は我が子を通して大学の卒業式のエピソードを
紹介しましたけども

「返事、あいさつ」って大学で学ぶこと?
大学で教えられること?

今日、ふとそう思いました

それができないで育った子どもたちを
社会に出る前に
もう一度一から大学で指導してくださったという
感謝はしつつも

本来は小さな時から
家庭や地域や学校で
自然に身に付けておくべき基本中の基本です

でもここの子どもたちは大丈夫です
頼もしくも誇りに思いますし

うちの子どもたちも
こうやって地域に支えられて
育ったんだなーとあらためて思いました

大きな声で気持ちのよい返事
ハキハキとした言葉

クライマックスは13人全員の歌声が
山あいの木造校舎に響き渡りました

桜のつぼみもだいぶん膨らみましたね
今年はこの辺も早いですかねー
1732 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年4月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog