島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-09-19 | NEW・G1フィッシング

四年振りの体育祭


9月15日は
町の体育祭に参加しました


あろうことか
ここ3年間は
連続で台風に見舞われ
中止を余儀なくされて
なんと4年振りの開催となりました


もっとも盛り上がるのは
最終種目の総合リレー

各年代の男女がバトンを繋ぐレースです

わたしは50歳代男子でエントリー
それもですねー
まもなく56歳ですから

50代なりたての人をお願いしていたんですがねー
4年前に名簿に残っていたがために毎年エントリーし続けて
今年も自動更新みたいなー

「今回はなんとか走るからこれで引退だでー」
ということで行きましたー


(いとこで釣りするあっちゃんが画像をとってくれました)

2位でバトンを受け取って
負けず嫌いな性格がギラリ

差を詰めて
さらにギアを上げようというところで
ももの裏がピクピク

肉離れ黄色信号が点滅

ヤバイぞーと
ここは無理せずキープ、キープ


ちょこっと差を詰めただけで
2位をキープして
なんとか若者にバトンタッチができました

ここでもさびしく情けない気持ちが少しわきましたねー

ちょっと前までなら
ここで怪我してでも
全力で追ったところでしたが

ここでも実をとって
怪我をしない程度にキープ、キープ

全力疾走できないもどかしさがあります
そういう自分はあまり好きじゃないなー

でもやっと
オセ(大人)になったってことでしょうかねー

それでも釣りをするときは
いつも少年のような気持ちでいたいものです
980 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年10月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog