島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-10-09 | NEW・G1フィッシング

宍道湖にはたくさんの釣り人が


日本海はまだまだウネリが高くて時化模様のようです
空は快晴で最高の行楽日和となりました

宍道湖の潜水道路には
平日にも関わらずたくさんの釣竿が並んでいました

車横付けで
のんびりアタリを待つ釣りも最高ですねー


実はわたしも
この釣り大好きなんですよー

海が時化たときは
なかなかいいもんですよ



狙いは巨鯉の釣り師が多いようですが
なかにはハゼ釣りの釣人もいましたよ


いいサイズのハゼが釣れていましたから
週末には子供連れで
楽しむのもよいですねー

ここは車が入るし
お互いが気を付ければ
子供連れでも
お年寄りでも安全に釣りができる
最高のスポットなのですよ




ここ近年は
鯉、フナ、ボラなどはアタリが少なく
釣人も減る一方でしたが

今シーズンは好調なようでして
その情報に誘われて
人出も多いようです

週末は大型で強力な台風19号が迫っていますから
今日、明日あたりにめがけて
釣人が集結しているのでしょうか


20本の釣り竿が並ぶ光景に
わたしも思わず嬉しくなってきます

わたしは仕事ですから
竿出しはできませんけども

地元民として
もっとここ宍道町の潜水道路で
たくさんの人に釣りを楽しんでいただきたいと思っています

地元には釣具店がないので
近くのコンビニさんとかで
エサの販売や
ちょっとした釣具のレンタルとか
やってくださるといいんですがねー

ちょっとお声がけをして
提案してみようかなー

これは先週末に
後輩がここ潜水道路で釣った鯉です


まだまだこのサイズは
ここのレギュラーサイズといってもいいでしょうかねー

90儖幣紊まずまずサイズ
このサイズになれば重量は10圓鯆兇┐討ますし

そして夢のメーターオーバーも
ここでは何本も上がっていますからねー

私自身も2本記録していますし
このサイズの重量は20堊宛紊箸覆蠅泙

わたしたちが生活しているすぐそこに
こんなのが泳いでいる自然の豊かさを
地元の子供たちや
たくさんの人にも知ってもらいたいと思います


ギックリで痛めている腰は
ボチボチですがよくなってきています

野球娘の観戦ができないのは残念ですが
今週末は
台風19号の行方を監視しながら
おとなしくしていようと思います


野球娘のクラブ選手権会場になっている千葉には
台風直撃の予報になっていますから
日程がどうなることやら


さらにそれよりも
未だに15号の被害から復興していない地域ですから
被害拡大にならないように祈るばかりです

1101 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年10月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog