島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-11-18 | NEW・G1フィッシング

MFG中国チヌ親睦大会in境水道、中海


11月17日
MFG中国チヌ釣り懇親大会が
松江市美保関森山岸壁を本部に開催されました

中国5県から90数名の会員が参加され
この会場独自の「キャノンボール方式」で
会員相互の親睦とM1カップ全国大会の切符1枠を
競いました



マルキュー関連の大会としては
ここ境水道を中心とした
チヌ釣り大会がすっかり定着しましたねー

回数を重ねる度に
新しいポイントも開拓されています

なんと今大会も
記録的釣果が出ましたよー

5尾で10キロ超えは驚きました


最近の情報ですと
小型が多く
大型が出ても単発と聞いていましたので
一人でこのサイズを揃えたのは他を圧倒しましたねー

(参加者が100人近くになると賞品も超豪華)


優勝者の釣果です
特盛ですねー
すごいです


岡山から参加してくださった
湯浅名人も2尾で上位入賞
長さもさることながら
魚が太いわ



今年の夏場は
宍道湖西岸でも大型のチヌが多く入り込み
釣果もたくさん聞かれていました

大橋川でもコンスタントな釣果がありましたが
水温の低下とともに海の方へ下っていくはずでしたが

今年はまだ水温が高いのか
中海や大橋川よりのポイントで大型の数が出ていたようです

上位入賞者が山陽からの参加者で占めた結果に
「地元山陰勢はどうした」の声も聞かれましたが

これも自然相手の魚釣りの面白いところじゃないですかねー
だから釣りは面白いのですよ

通常は地元有利と言われます
特にこのキャノンボール方式となれば
かなり広い範囲を自由にポイント設定できますから
なおさらなんですが

今回の状況は
なまじ過去の実績や最近の状況を熟知しているからこそ
そこそこの釣果はあるものの
爆発的な釣果には勝てなかった

「えー、この時期にこんなとこで」
という場所を選定したところがよかったわけです

先入観や固定観念なく
素直な感覚でポイント選びができたことも
よかったのではないでしょうか

あっぱれな釣果でした


さて今回は
島根支部のお世話ということで
わたしは豪華な賞品の見張り番もかねて
本部のすぐ後ろに陣取って
ゆっくり竿を出してみました



すぐ近くにも
名人たちが竿を振りましたが
小型の数釣りになってましたねー

50cmを超えるような大型は姿を見せませんでした


こんなサイズはマキエサに浮いて
ギラギラ見えていますけどもねー



台船の際で40cm級を仕留めるのがやっとでした


来年もこの会場を使うかどうかわかりませんけども
今年の傾向として
境水道というよりも
中海や大橋川へ向かう参加者が増えたことから

大会本部ももう少し西よりに移した方がよいかもしれませんねー
中心となる松江市八束町とかですねー

M1カップ予選などもありますから
メーカーや役員で協議してみても
よいと思います

釣り人ファーストでね
2684 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年1月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog