島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-12-11 | NEW・G1フィッシング

命日に間に合いました


12月11日は
親愛なる山ちゃんの5回目のご命日でした

先日もお伝えしていたように
山ちゃんの釣り関係の遺品整理に携わらせていただいて
わたしも山ちゃんとのたくさんの思い出や
いろいろ原点に戻ることができました

釣りを学ぶこと
釣りを上達すること
そして釣りを伝え教えること

奥が深く難しいことです

今でもうまくいかないことばかりですが
山ちゃんとはいろいろやって来ましたねー

今の若い人やメンバーにはない
素直さと
何にでもすぐに飛び込んでくる
積極性みたいなものが彼にはありました

我武者羅というかね

そう思うと
いまさらながら
そういう相棒はなかなかいませんねー

山ちゃんがいればねー
今夢中になっている江田島の筏ブリなんかもねー
一緒に夢中になってくれていたと思うと

なんだかさみしいなー
と、山ちゃんを忍ぶのです

前置きが長くなりましたが
遺品の中から出てきた魚拓

奥さまの許可をいただいて
表装して額に納めさせていただきました

職人さんにも無理を言って
この日になんとか間に合わせていただきました
ありがとうございました



奥さまと、お母さんに報告をし
御仏前に飾らせていただきました

「こんなの釣っていたんだねー」
「男女群島ってあの五島列島の先のへんでしょー」
「あんなところまでー」

特に家族に自慢するわけでもなく
大切に保管していた

山ちゃんらしいなー

ここではじめて
ご家族にもお披露目になるとはねー

「ああー、これは泰の字だわ」
「意外と大胆な豪快な字ですねー」

山ちゃんの話はつきません

遺影は5年前の山ちゃんのまま若々しい
あまりにも若かった

山ちゃんはあのときのまま
5歳、歳をとったわたしたちを見ています

山ちゃんはあのときのままだけど
わたしたちはこれからも歳を取っていきます

そして二人の子供たちも成長していきます


子供たちが学校から帰って
また、ご家族でお父さんのありし日の思い出を
語っていることでしょう




1897 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年2月  >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog