島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2020-09-28 | NEW・G1フィッシング

タルカゴスペシャルは底カゴ仕掛けにも対応しますか?


がま磯タルカゴスペシャルについて
以下のような質問をいただきました
 
「タルカゴスペシャルなんですが適合鉛負荷の重さまでなら底カゴ仕掛けにも対応できますか?磯では最初は底カゴでエサ取り多いなと思ったらよくタルカゴを使うんですが、今使っているのはヒラマサ天剛Mで、タルカゴにした時はちょっとタックルバランスおかしいかな?とおもいながらやってます。1本の竿で両方できたら便利かなと思って質問させて頂きました」

いい質問ですねー
ありがとうございます

がま磯タルカゴスペシャルは
底カゴ仕掛けにも十分に対応できると思います

これまでも
わたしの場合は「我夢者3号」で
12号オモリカゴまでの底カゴ仕掛けは
何度も実践の釣で経験済みですので問題ないと考えています


NEWロッドは2ー3番あたりに張りを持たせてありますので
タルカゴ仕掛けと同様に
底カゴ仕掛けにおいても投入しやすくなっています

ただしオモリカゴの号数ですけども
カゴの中に入るエサの容量にもよりますが
磯で使う通常のものであれば
Hで15号まで
MHで12号までと考えています

それ以上のオモリカゴ号数であれば
遠投仕様の4号以上の竿をお使いになることを
おすすめします

ヒラマサ天剛の遠投タイプなどもよいと思います

ウキ止めがガイドを通る際に
ウキ止めの通りのことが心配されますが

わたしの場合は
ウキ止めを1、7〜2号のフロロカーボンを使用し
山元式なるほどウキ止めの結び方で
ヒゲを1cm程度残したやり方でやっています

「我夢者」の細い口径のガイドを
なんなく通っていたことを考えれば

タルカゴスペシャルのガイドは
全体的に我夢者よりも大きめの口径になっていますし
リールから一番近いガイドを大口径にしたことで
ライントラブルは全く心配いらなくなりました

タルカゴスペシャルは
あくまでもわたしのイメージとしては
タルカゴに特化した専用ロッドの位置付けですけども

「ライトな底カゴ仕掛けにも十分対応できる」と
お答えさせていただきたいと思います


(このキックポイントならば
  ライトな底カゴ仕掛けにも十分に対応できます)


(画像提供「釣り画報」ミリオンエコー出版)







2308 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog