島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2020-11-17 | NEW・G1フィッシング

4シーズン目に突入・・・江田島の筏ブリ


11月も中旬ですが
ここへ来て天気が安定し
気温も暖かいですねー

日本海は穏やかといってもウネリがありますからねー
それでもです
この週末はどこも穏やかで
絶好の釣り日和でした

近場のヒラマサが今一つの感はありましたが
それでも単発で良型がヒットするなど
よい釣果に恵まれた方もあったようです

隠岐も気になりますかねー
良型のグレやマダイも好釣果が報告されてます


さて、わたしはといいますとねー
本来ならまだまだタルカゴスペシャルを引っ提げて
磯からの報告をしないといけない時期ですが

近年ハマりにハマっている
江田島の筏ブリに偵察がてら行ってきましたよー


例年ですと
大社方面の渡船営業が終わって
一息入れたて12月から向かっていたものですが

今年で4シーズン目になりますかねー
そろそろ気になってマルケン渡船の船長に聞いてみると

「ナブラが出ていますからもういけるかもですよー」


この釣りのもっとも重要な点と言えば
エサにする生きたコノシロをどう調達するかです


「年々厳しくなりますよー」と船長

なかなか捕れないようですし
活かしてキープするのが難しい魚です

そんな具合なので
渡船でコノシロを調達できるところって
わたしの知る限りではマルケンさんくらいですかねー



船長自身がこの釣りに対して理解があるし
「愛」を感じます

チヌ釣りメインでついでにブリ狙いの釣人が多い中で
ブリ釣り専門でやって来るわたしにも優しいですもん



今回はコノシロの調達がうまくいきました

同行の甲子園ボーイで後輩のモリータと2人で
6尾のコノシロをキープできました




今年で4シーズン目と申しましたけども
道具だてもいろいろ進化しています

最初は手元にあるものでやっていたんですがねー
それでもなんの問題なくやれるにはやれます

でもさらにさらにを求めてしまうのが趣味の釣り
それがおもしろいですもんねー

仕掛けもいろいろ工夫していますが
今回は竿を新調しました

我夢者からはじまって
昨シーズンはがまかつの磯ルアー振り出しロッド
「メタルキャストH」で挑みました

いいですねー
これがこの釣りにピッタシだと思ってやっていましたし
よい実績を得ることができましたし

でもですねー
欲深いわたしはその後いろいろイメージするのですよ

ちょっと穂先が硬くないかー
ブリの食い込みに影響してないかー
コノシロの微妙な動きをもっと知りたい
PEラインを使うやり取りでゴツゴツ感が気になるなー

釣果だけではなくて
この釣りの醍醐味と言うか
楽しさと言うか
釣り味と言うか

求めてしまうわたし

いいのがありましたよー

もちろんがまかつに

「海上釣堀コアスペック鏡鎚」



穂先の調子もイメージ通り

釣り方が
コノシロを底付近まで沈めて
底でキープしなければならないので
元気な30cm近いコノシロを止めるには
30号程度のオモリを使います

このオモリとコノシロを付けて
あんまりダワンダワンするのもよくない
それでも微妙なコノシロの動きをキャッチしたい

コアスペックはこの感じがいいですねー
穂先がホワイトで視認しやすいのも最高

ブリが近づくとですねー
コノシロが恐れて逃げ回る様子がよくわかります

なれてくると
トラブルなくコノシロが泳いでいる様子もわかるようになります

(普段は宍道湖の鯉釣りがメインのモリータ)

(ひたすら待つ釣りでも大丈夫。辛抱もできます)

わたしはこのコアスペックでアタリを待ちます

この釣りが初挑戦のモリータは
メタルキャストにセットして待ちます


そしてですねー
1尾死にかけていたコノシロを船長がサービスしてくれたので

ダメもとで
初代の海上釣堀 青物400にセットして
筏の後ろ側にたらしておきました


あとはブリが回ってくるのを待つだけです
普段磯釣りをしている人にはねー
これをどう見るかですけどもねー

何でかなー
日本海と違う江田島の穏やかなロケーションかなー
妙に心も身体も癒されるんですよー

釣果は二の次で
わたしとにかくハマっています

モーニングサービスを期待してアタリを待ちますが
待てども待てども反応なし

やっぱおまえが来たけんブリが恐れたもんだがやー
などといつものボヤキが出始めたころ

10時過ぎていたかなー

最初はモリータのメタルキャストがピピピ
おおー来たぞと思ったらすぐに止まり

こんどはわたしのコアスペックのセンサーがピピピピー
けたたましくなり響きます

隣の筏の釣人も何事かと反応します
もともと鯉釣り用のセンサーに
モリータも興奮します

駆け寄って竿を持ち十分に食い込ませてからフックオンに入りますが
2回空振り

フックオンしません

穂先の感触からまだエサのコノシロがついてますから
再びラインを送ってアタリを待っていると

裏の捨て竿がピピピピー

あらららららー
コアスペックを置いて反対側へ走ります
送って送ってそれでも送って
穂先が絞り込まれるのを待って待って待って

よし来たで
今度は一発でフックオンして
ギュンギュン絞り込みます

初代の海上釣堀はグラス素材の割合が多いロッドです
曲がりますねー
これはこれで粘ります
PEラインとの愛称もいいですねー
たたかないしゴツゴツしません



ハリスは12号
メーターオーバー 10キロ超が来ても
バラシませんよー

上がってきたのは90オーバー


この時間になっても
全く反応がなかったのでダメかと思っていましたが
釣れてよかったですー



まだまだ痩せていますかねー
この長さで7キロちょいでした



100cmで10キロ
90cmで9キロ
80cmで8キロになりますからねー
それがブリですもん



そして30分も経たない内に
先程2回アタックされてフックオンしなかった
本命のコアスペックにアタリが来ました

ほとんどコノシロが死にかけていましたけどねー
もったいないので棚を入れ直してセットしておいたんですが
来ましたねー

今度は一発でフックオンして
この曲がりー


がまかつが誇る
細身肉厚設計
最新素材と最新技術の融合ですねー

これはいいわ
曲がるけど強い
スペック的には適合ハリス10号までの表示ですが
12号ハリスでゴリ巻きしても
このパワーは最高ですねー


魚はまだまだ小さいですけども
初使用でモノの確かさを確認できました


この釣りにはコアスペック
今のところわたしのなかではベストマッチです

筏での取り回しを考えると
3、5mと一番短目でよかったと思います
(4m、4、5mもラインナップされています)



結局このあとにも
コアスペックにアタリがあって
4本の釣果がありました

モリータはどうしたことか一度もアタリがなく
残念な結果に終わりましたが
リベンジを約束してくれました

アタリがあるのは運任せの釣りだと思っていましたけどもねー
いろいろ経験してみると
結構これはこれで奥が深いんですわー

今回特に顕著に結果に出たのは
元気なコノシロよりも
弱ったコノシロに先に食いつくと言うことです

これまでは元気がよければよいほど
食い付きがよいと考えていましたが
そうでもないんですよねー

エサの状態でオモリの号数を変えたり
干満の変化によって微妙に棚を変えるとか

まだまだ研究の余地はありますねー



80cm超をブリと定義するならば
今回は2本ですかねー

山陰では「8キロを超えないとブリではない」
という人もありますから
どうでしょう

シーズンはまだまだこれからです
魚も日に日に肥えて脂がのってきます

心配なコロナ対策ですが
マルケン渡船は密になりにくく
消毒やマスクの着用が徹底されていて
安心して利用できるのもよいですねー



4937 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog