島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2022-03-14 | NEW・G1フィッシング

隠岐島前・・・マダイ狙いで行ってみましたが


先週は比較的穏やかな天気が続きました
それぞれに各地のポイントに繰り出された釣り人も多かったと思います

わたしも行ってきました

12日土曜日は予報もよく
島前各渡船はどこも満員

なんとか浜吉丸さんで入れてもらって向かいました
久しぶりにメンバーたちとも一緒になって
期待度マックステンションで会話も弾みます

行きはね



朝焼けに浮かび上がる島々は
雰囲気も最高潮

「今日はいいでー」



どんどん一級磯に釣り人降ろしていきます
ここもいいなー
あそこもいいなー

身体が二つ三つあれば
どこへも上がってみたい気持ち



今年は岩ノリの残骸がギッシリ残っている磯もあって
足元はズルズルです

フェルトスパイクがまったく効きませんので
細心の注意が必要です

わたしも今回フェルトスパイクでしたけども
やばかったです

皆様も注意いしてくださいねー
この状況はもうしばらく残りそうですから

ヘタリの少ないスパイクピン底がいいかもです





さて、わたしが選んだポイントは
星神島のズドコマエ



わたしたちが子どもの時にテレビでやっていた
「ひょっこりひょうたん島」のその島に似てるって
やつですねー

島前の名礁ポイントの一つです

今回の結果をもって言い訳するわけではないですけども

超何年振りかに上がった星神島は
最近まったくめぼしい釣果の情報なし
松島、大森あたりや地廻りの磯の方が釣果がアゲアゲ

他に気になるポイントは山ほどあったんですが
素直でないわたしは
あえて「調査」と称して向かってみたんです

ここで釣果をあげればカッコいいですけどもねー



結果は大惨敗
完全ボーズでございました

この日は狙いを大型マダイ1本に絞った設定

ボイル12キロにパン粉2キロ、押し麦2キロ
サシエサはボイルのみ

仕掛けは
がま磯 タルカゴスペシャル ML
ライン(東レ)は道糸6号、ハリス8号
針はTKOー12号



やあー
久しぶりに本気モードで
丸々1日タルカゴを振り続けましたが

とにかく予想に反して
エサ取りがキツくてですねー
正体はウマズラなんですが

やあー参りました

棚は針からウキ止めまでが竿2本からスタートしたんですが
竿1本のハリス分まで棚を浅くして
針上にガン玉3Bを打つなどしてみますが
一度も針にサシエサが残ることがなく

本命のアタリはゼロ
残念な結果になってしまいました

いつも言っている
「保険のマキエ」ってやつもですねー
潮の流れが乏しく
凪すぎてサラシも無く
沖から本命魚を引き寄せることが出来ませんでした

17時、本エゴの方にはまだまだ陽は高いですねー


今回は日帰りです

夕マズメ、夜釣りやりたかったなー



まあー自然相手のこと
こんなこともありますわねー

次に期待しましょう


(お礼とお詫び)
ちょっと回収時間を勘違いしていまして
慌てて片付けようとしてバッカンを海に流してしまいました

バッカン回収と渡船回収にサポートしていただいたみなさま
お世話になりありがとうございました

また、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした


新調したばかりの
マルキューショルダーバッカンが助かりました
4164 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2022年5月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog