島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2022-08-16 | NEW・G1フィッシング

今シーズン最大を更新


3年ぶりに制限無しのお盆を迎えて
みなさまはどのようにお過ごしでしたか?

猛暑は続きますねー
島根も局地的に豪雨地域があったりと不安定でした


昔はねー
お盆はご先祖さんをお迎えする日と言うことで
「殺生は禁止」などと言われて
「だけん釣りも禁止だでー」ってねー

わが家は最近は親戚のお客さんも来られなくなって
子どもたちも帰ってくる様子も無し

九州にいる野球娘は
クラブ選手権が近いこともあって練習やオープン戦で
活動は休み無し

「私ちょっと行ってくるけん」
おおおーそうなの?

家内は1人で野球娘のところへ行ってしまいました


独りやもめになったわたしは
相変わらず厳しくなっている江の川へ向かいます

やあー本当に厳しくなったわ

川に浸かっていてもですねー
感覚的にはそこまで水温が高いと思いませんけども
今度水温計を用意してきっちり計ってみましょうかねー

鮎が弱いのかなー

とにかく掛かった鮎をいったんオトリに使って
それを引き舟に戻しておくと
釣っている間に死んじゃいます

これねー
友釣りでは致命的なことなんですねー
循環できないっていうか

せっかくの良型鮎も鮮度が落ちてしまいますしねー

それから
次掛かるまでの間隔がねー

鮎はいてもなかなかスイッチが入りません
掛かりません


やっと掛かっても
掛かりどころが悪くて針外れが多発します

ケラレも多いですしねー

その度にオトリへのダメージが大きく
ますます悪循環になっていきます

そのための仕掛けの研究
針合わせやセッティングの調整
いろいろ工夫しながらなんとか繋げていきます

高校野球でも一つのミスが命取りとなって敗戦
という話をしたんですけども

今の江の川(わたしが通っている旧大和村地域)の鮎釣りも
そんな感じなんです

1回のミスが致命的になってしまう

そんな修行のような釣り

それでもですねー
今回も来ましたよー

掛かったときの鮎はものすごいパワーと引き
この魅力にはかないませんわー


氷で凍めてからと
活きたままとではなかりサイズが違ってきますかねー

お魚観察用のスケールで計ってみると
おおー今季最大級
体高も高いですねー


こいつをオトリにセットして
直ぐに放ちます

いいときだったらですねー
急流にススーと入り込んで
石組のいい川底へ落ち着いたかと思ったら


ガガガガーンとさらにデカイやつが
荒瀬竿を絞り込んでいくはずですけどもねー

次がねー

この良型オトリがまた・・・くせ者でねー
動かないし
直ぐにグロッキーしてしまうんですよー

最初に掛かったときのパワーはどこにいったんだよー


川苔もですねー
かなり腐ってきています

大河川の江の川ですけども
このエリアが全体でも一番どよーんとしてゆったり流れますから
水温も上がりやすいのでしょうかねー

この辺は雨もほとんど降っておらず
ますます渇水状態になっています

明日からは雨予報ですが
この週末はどうなりますかねー

尺鮎目指して修行の釣りは続きます


1703 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2022年8月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog