島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

女子野球 - 新着順エントリー

娘も高校へ進学・・・女子硬式野球部で活動中。
娘が所属する玉湯ジャイアンツの活動と娘の活躍
息子が取り組む中学野球など
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2016-07-17 | 女子野球

親バカが語る「日本代表への歩み」大学編


IPU環太平洋大学では創部2期生として

女子硬式野球部に入部します



そして

すぐにセカンドのレギュラーを獲得

 




ここではさらに野球漬けの日々が続きます
女子寮に入寮して
ほぼ毎日の自主トレも欠かせません


両洋から
4人の同級生が一緒に進学して
よい仲間であり
よいライバルですからね

何よりも
今回は先輩がいるのですから
がんばらないと


(中央はキャプテンの土井畑選手。yayaはお世話になりっぱなし。
 わたしは彼女の大ファンでして、
  息子のお嫁に来てくれないか交渉したいくらいです)



(写真右は両洋時代はサードで3番。田口真奈選手。
  もうお分かりですよね。
  今回一緒に日本代表に選ばれた選手です)

(田口選手は高校時代から最もストイックな選手でした
 彼女がいたからyayaも頑張って
 こられたといってもよいでしょう

 打撃センス抜群の大学ではショートストップです)

※以下は、真奈のお父さんが
 今回のことを予言したかのようなコメントを
 過去にこのブログにいただきました
 
私は、「やや」(親しみをこめて呼ばせていただきますが)プレーが大好きでした。一番に守備につき、一番に声を出し、いつも「なんとかしてやろう」という気迫がみなぎっていました。いつも娘に「やや」に負けないようにグランドに一番に守備に着けといっていました。後半は怪我にも悩まされながらも我慢しながらがんばりました。本当にお疲れ様でした。
 彼女らの夏も終わり、今後の彼女らの進む道はまだ決まっていませんが、どんな形であれ女子野球を背負っていくことになるかもしれない。いやなってほしいと思っています。すばらしい出会いで同じチームでプレーできたこと、親としても感謝しております。またこれからもよろしくお願いします。ありがとうございました。


真奈のご両親との応援が
いつも、何よりも楽しみです





2
年となった今シーズンは

2番を打つことが多かった打順を

1番に上げて






守備ではセカンドのほか

センターへコンバートが多くなりました

 

代表候補でも

内野手で登録ながら

外野でも起用してもらい

持ち味をいかんなくアピールさせてもらいました

 

こうやって自分でも過去を紐解いてみるに

 

Yayaが野球を始めた時から

すべての年代において

よい指導者

よい仲間

よい環境に恵まれてきました


(ともに京都両洋高校→IPU環太平洋大学→日本代表になった
      田口真奈選手。よき友であり、よきライバルです)

 



この子が持っている

不思議な強運には

驚かされるばかりです



 





野球の技術だけで見れば

もっともっとすごい選手は全国にたくさんいます

女子の場合は

高校生だっていい選手はたくさんいます

(帰省時もこんな格好で自主トレに出かけていきます)

 

それでも何かのご縁があって

全力疾走だったり

守備での毎球ごとのカバーリングだったり

自分で考えたポジショニングや指示だったり

あいさつや態度だったり

用具運びなどの

チームの裏方の役割だったり

 

野球の技術だけではなくて

そういうところも

ちゃんと評価してくださる

関係者がおられて

選考されたのではないかと


親バカは

勝手に想像するところです


7月15日デイリースポーツさんには
こんないい記事まで書いていただきました
ありがとうございます
http://www.daily.co.jp/baseball/2016/07/15/0009285919.shtml



 

いずれにしても

そのみなさんの期待に応えるよう

また、代表から外れた選手の思いも

胸に刻んで取り組んでほしいところです

新なチャンスをいただいて
これからがスタートという気持ちで
取り組んでいってほしいと思います

もう本人も
目標を書きかえているころだと思いますのでね

 

なにせJAPANですから・・・

 

親としての心配は

ケガですねー

日々の生活と体調管理

集中力をもって練習等に取り組み

ケガをしないように祈るだけです

 

こと野球に関しては

わたしはyayaの親であることをやめました


(釣友で謎の釣り仙人「ひげさん」が
  お祝いに自作のイラストをプレゼントしてくれました)

 

「小島也弥選手」の第1号ファンとなり

チーム・マドンナJAPANのサポーターとなって

応援していきます

 

みなさまも

応援よろしくお願いします

(これも「ひげさん」作)

 

93日からの開幕ですが

BS-TBSで放送されるそうです

 






1474 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年11月  >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog