島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り情報や釣りの話題 - 新着順エントリー

釣りに関する情報や話題を提供します


    2008-10-27 | 釣り情報や釣りの話題

巨鯉伝説


25日土曜日
とうとうリベンジを果たした

先週も子どもたちと宍道湖へ出かけたが
なんと巨鯉らしき大きなアタリがあり
竿がリールごともって行かれてしまった

もー、私の性格からリベンジしなくては治まらない
こうなったら海がヒラマサ、マダイで好調でも
これをとことんまでやらなくては次に進めないのだ

この日は高校時代の野球部の後輩も釣りに来るというので
よーし・・・じっくり腰をすえてやろうと、気合も入った

前日の深夜から釣りだして夜を明かしたが
巨鯉らしきアタリはまったくなし

たまにボラやウグイがつつく程度だ
早朝に本命の鯉が来たが
40センチの子鯉

昼過ぎになると
その小さなアタリすらなくなった

「先週、竿を持っていかれたので
 もう、鯉が恐れて近寄らんじゃないのー」

「何度もバラシたけんもうだめだわー」

などとぼやきの連発だ・・・

午後3時
捨て竿にと思ってすぐ近くに投げ込んでいた
古ーい、古ーい竿にアタリがきたー

グー、グー、ググー・・・
糸をたるませることなく一気に穂先を絞り込んだ

「おい、こら本命だわー・・・」

アワセた瞬間はなんだか根掛でもしたようだ
まったく動かない

こっちもリールが巻けない・・・

お互いにどう出るのか
にらみ合いの間がひと時あった

するとじわじわと動き出した

こりゃーでかいぞー

さーそろそろ寄せるぞー

タモ入れ一発でたのむぞー

「はいはい、まかしといてくださいよー先輩」


うおー・・・こらーまだだわー

こら本当にでかいでー

さすがに長年生きてきた巨鯉ともなると
近くに寄ってきてからがすごい

なかなか姿を見せないし
タモや人の気配を感じてか
最後の力を振り絞って潜ろうとする

リールのドラッグがジージーと悲鳴をあげながら
せっかく寄せたラインを引きずり出していく

1度ならずも、2度、3度と同じように引いては出され、引いては出されを繰り返した

そしてついにそのときが「きたーあ」

よーし・・・そろそろいこうかー

先日も深夜に一人でやっていて10キロクラスを
タモ入れ寸前でハリはずれしてバラしているので
ここはゆっくりと慎重に・・・・

今日は助っ人の後輩がいるから安心だ

おっと、タモを見てまた反転した・・・

やばい、やばい・・・・

よし、いまだ・・・やったー

とったどー!

タモ入れも一発で決まった
後輩は、甲子園であの水野がいた池田高校と渡り合ったベスト8エース
歳はとっても感と身のこなしはさすが・・・

とったわいいけど、こりゃーでかくて一人で持ち上がらんわー

よっしゃー・・・まっとれよー


 

うわー・・・こらでかいでー

ひょっとしたら記録もんかもしれんぞー

やー・・・ほんとだわー

来たねー
 

よっしゃー、いいもんがあったわー

これで測ってみよう・・・

ありゃりゃ・・・メーターあるでー

うあー、メーターオーバーだー・・・やったでー

正確な長さがこれじゃー測れんがなー

「うおー・・・すごいねー」・・・娘の也弥よりもでかく見える

町内の釣具店コバシヤの店長が駆けつけてくれて計量・・・・

なんと105.5センチ、18.0キロ

「目方では20キロがうちの記録ですけど、長さではこれが記録ですわー」と
店長も興奮気味

「これが明日釣れていれば間違いなく優勝でしたけどねー」
(26日はコバシヤ主催の鯉釣り大会だった)

 
 

巨鯉の顔

すさまじい格闘の痕が痛々しい

それでも主の風格がある面構えだ

当然・・・・自己新記録更新だが

メーターオーバーは見るのも初めてだ

今回巨鯉を釣ったタックル

5本出した竿の中でも一番古いもの

私が小学5,6年生のころに親戚のおじさんにもらったもの
そのころからずっと宍道湖で愛用してきたものだが
まさかこの竿に来るとは・・・

おじさんが何年前から使っていたものかは不明だが
少なくとも私は30年以上は使っていることになる

当然メーカー名はわからないが
3.6メートルのグラスロッド

リールシートがゆるむのでビニールテープで補強したものだ

ガイドが破損していたので最近使っていなかったが
釣行前日に天狗堂へ行って修理をしてもらったばかりで
久しぶりの使用だった

天狗堂の店主も「お前、まだこんな竿使ってんのー」と驚いていたが
情報を聞きつけて見に来た常連さんたちも一様に驚いた

むしろカーボンロッドよりも粘りがあって鯉釣りには向いているかも・・・
仕掛けの投入も考えると6〜7割をカーボン、3〜4割をグラスにすると
理想の竿になるかも・・・

鯉竿の専用ロッドは長さ、5.3メートルが主流だが
宍道湖で特に私が行く潜水道路などの堤防では4メートル前後がちょうどいい
子どもでも使いやすいが
いまはちょうどいいものがなかなか見つからないものだ

リールもギアが不良で海で使わなくなっていたものをセットしていたが
なんとか持ちこたえてくれた
それでも道糸には東レのSS遠征8号を巻いて大物に備えていたのがよかった

針はがまかつ「鯉海津針」の20号

ハリスはよつあみウルトラダイニーマー制の巨鯉専用ハリス

オモリは円盤25号

エサはいろいろ使っては見ているが
マルキューの巨鯉が一番使いやすく効果があるように思う

これをベースにサツマイモを煮てにぎりつぶして練りこんで使う

この時期の巨鯉はサツマイモが大好物というのが
私の子どものころのイメージにあり
これが秘伝といえば秘伝・・・・

今年は食わせにはマルキューのくわせコーンが抜群

ほぼ巨鯉はこの食わせ針に食いついてくる

だんごのにぎり具合が結構難しい

遠投にも耐えて
15分程度で割れてバラケて
1時間程度は固形物が針のまわりでキープされる状況をイメージする

 
 

やったぜー

「こんな私たちが何不自由なく生活するすぐそこで
 1メートルを超すような大きな魚が泳いでいるこの自然の豊かさに感謝しなさい」
・・・・と子どもたちにいつも話す

このことが実際の釣果で証明して見せることが出来てうれしい

そしてリベンジも

この巨鯉は現在自宅の池で活かしてあり、元気に泳いでいる
先々週釣った13.1キロ。9.7キロが小さく見えるのがすごい

この巨鯉は平田のゴビウスに寄贈することも考えている
 

13346 count

コメント(4件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


なんで鯉が傷ついているのかと思ったらまだ多数針でやってるんですね。一本針にしてあげてください。。。

by 非通知 ( 2016-08-08 11:38:08 )

こりゃ〜すげぇ〜わ…。おめでとうございます!!。
おべました。
もっぱら、自分も宍道湖で鯉釣りを楽しんでいます。
今年は89cm止まり。
画像を見て、血の気が騒ぎました。
宍道湖が鯉釣りで賑やかになりそうですね。
のぼせて行かにゃ〜いけんわ…。



by 80-×8 ( 2008-10-29 23:17:11 )

すごい鯉ですね。久しぶりにこんな鯉を見て興奮しました。私も以前は毎週のように宍道湖に鯉釣りに行ってました。最高記録は102cm、19.4kgです。子供がスポ少で野球をするようになって、全く行けなくなってしまいました。練習試合や先日の大会では大変御世話になりました。最後の大会も終わり、少しさみしい気がしますね。子供がスポ少、趣味が釣りと共通点が多いので話が合いそうです。息子も私もこのブログを見るのを楽しみにしています。これからもいい記事を書いてください。息子もまた記事を載せてもらえるよう中学校でも野球を頑張ると思います。

by 鯉好きおやじ ( 2008-10-28 21:19:03 )

こりゃ本当にすごい!!
こんなのが本当に宍道湖にいるんですね。びっくり!

by てる ( 2008-10-27 23:58:04 )


トラックバック(1件) トラックバックURL:


今、宍道湖で鯉釣り中     まだ......

鯉釣り from アフター5のブログ ( 2008-11-01 20:05:21 )



ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年5月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog