島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

愛犬黒柴たちと甲斐犬トラ - 2012年9月のエントリー

愛犬のケンタ、リン、ルドと甲斐犬トラの様子を紹介


    2012-09-03 | 愛犬黒柴たちと甲斐犬トラ

ワイルドだじぇー・・・ミコちゃん


9月に入りましたねー

さすがに少しは涼しくなったような感じですが

昨日などはまだまだ日中の日差しはきつい

 

局地的に雷雨も降っているようで

川も久々に増水しています

 

さて、先日ですねー

有害鳥獣駆除で捕獲されたイノシシいらんかーって言われて

ほいほいってかるーく二つ返事でもらったわけですけども

 

これもですねー

うちには何でもやってくれる

おじーがいるからなんですが・・・

 

10キロくらいの子どもですけども

わなのオリに一度に6頭入ったそうです

 

かわいそうな気もしますが

これが増えすぎると農作物に多大な被害が出るということで

自治体では捕獲すると補助までしてくれるんですねー

 

そして獲れた獲物は

猟友会で処分ということなんですが

それを知人を通じて

いただいたというわけです

 

さすがプロの処理ですねー

腹をあけて内臓をきれいに取り除き

血抜きをして

沢の冷たい水で冷やしておいてあったので

この暑さでも鮮度は抜群

 

いやなニオイもまったく感じませんでした

 

そしてわが家のガレージで解体作業

この画像はワイルドすぎるのでやめときました

 

このパターンで鹿もやっちゃったことがあるんですけどねー

この時期の肉ってどうなんでしょうか

 

とりあえず冷凍保存しておくことにしました

 

そして最もワイルドだったのは

生後2ヶ月ちょっとの仔犬のミコちゃん

 

さすがに本質の高い日本犬の血でしょうかねー

もともとは日本オオカミの血が受け継がれているという

甲斐犬の本能でしょうか

 

豚足ならぬ猪足をガブリ

 

ワイルドでしょー

 

普段はこんな格好で

おっとりした感じのミコちゃん

 

柴犬のココなんかは

「おおーそれだけは勘弁してよー」って感じですがねー

 

間抜けで、キモ細のトラお父さんも

意外や意外・・・ボリボリッと

 

この仔の成長が楽しみですねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 

6265 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2012年9月  >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog