島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2010年9月のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します


    2010-09-15 | 釣り紀行・・・釣行紀

MFGチヌ境水道大会(12日)


9月12日にMFG(マルキューを励ます会)主催のチヌ釣り大会が

境水道でありました

 

境水道でこの大会を開催するのは昨年に続いて2回目

昨年は上位10位までが50センチオーバーと

記録ずくめの大会となりましたが・・・・・

 

今年は猛暑の影響もあってか

小型が多くやや不調

 

5センチから7センチの超小型も釣れるんです

そんなのを入れればほとんど皆さんに釣果はあったはずですが

検量に持ち込んだのは参加者68人のうちの17人でした

 

私も超小型を釣ったのですが

針掛が浅く元気だったので

そのまま活かして持ち帰り

水槽で飼育しています

 

現在、尾長グレ5尾(約3センチ)、チヌ1尾(約7センチ)となりました

別々の水槽で活発にエサを食べています

 

さて、鳥取、島根を中心に岡山、広島からもたくさんの仲間が参加してくれました

この大会はキャノンボール方式といって

決められた時間から時間まで自由に釣ってもらって

規定時間までに釣果を検量してもらうという方式です

(夜明けの森山岸壁から境水道大橋を眺める) 

審査はチヌ(キビレも含む)の1尾長寸

サイズ規定なし

場所はどこでもよし

渡船を使ってもよし

 

しかし、チヌの魚影が濃い境水道ですから

参加者全員が車で思い思いのポイントへ散らばって竿を出したようです

 

上位の結果は

優勝   井原将人さん(島根) 50.7センチ 下宇部尾

準優勝 山根浩司さん(鳥取) 48.0センチ  太平洋セメント

3位   湯原 学さん(鳥取) 47.2センチ  江島

 

優勝された井原さんによると

今年は水温が高く、浅場や潮がよどむようなところには大型はいないということで

境水道大橋周辺の出っ張り付近で

比較的水深があり潮通しのよいところで釣果がいいようです

 

コマセのベースは「チヌパワームギ」比重のあるもので

底まで届くようなエサの配合がよいようです

 

水温が下がるこれからよくなってくると思いますよー

 

私は、運営の方もあり

受付・審査会場となる森山岸壁西端付近で本部設営をし

そのまま付近で竿を出しましたが

小型のグレ、アイゴ、サヨリ、ボラのエサ取りが多く

15センチのキビレと7センチほどのチヌだけでした

(私が今回使用した配合エサ・・・これにオキアミ3キロを加えました) 

周辺の参加者も同じような釣果だったようです

もう少し境水道大橋まで下ると良型に恵まれたかもしれませんね

 

朝晩、本当に涼しくなりました

今朝など寒いくらい

 

ほんと・・・これからですね

(山のような豪華賞品です・・・運ぶのが大変でした・・・G1メンバーソッチのトラックが大活躍) 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 
 

7977 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2010年9月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog