島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2011年9月のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します


    2011-09-13 | 釣り紀行・・・釣行紀

江の川の鮎釣り・・・尺鮎と錯覚してしまうほどの・・・


先週末は約1ヶ月ぶりに江の川本流に入りました

今年は鮎が残っています・・・育っています

これは数年ぶりのことです

 

うれしいですねー

 

これをやらないと

本当の意味で鮎のシーズンが終わらないのです

久しぶりの快感です

 

朝晩はすっかり涼しくなって

早朝の川の様子・・・

靄がかかって

シーンと静まり返っていました

 

辺りのニオイ・・・雰囲気

なんともいえませんなー

 

旧大和村

都賀大橋から上流を見たところ

 

人気ポイントの片磯の瀬

まだ少し水位が高いようですが・・・

 

流れが直に当たるところはコケが飛んでいますが

地形によってはわずかに残っているところもあります

そして陽の照りによって新コケも・・・

 

鮎が大きく移動して

石に付くところを探しながらの釣りになります

 

わたしは少しでも反応がないと

足を使って大きく移動しながら釣ります

広い江の川は最高です

 

鮎の付き場を探し当てて

入れ掛がりになったときは・・・・こっちも狂いそうです

病気ですなー

 

そしてかなり疲れます

今回も足や腕のいたるところがツッテねー

この釣りは気力も体力もいりますわー

体重も1日で2,3キロ減ることも・・・

 

さて、肝心の釣果は

28センチジャストを最高に

37尾の釣果がありました

 

型はもちろん今シーズン最高

体高が高い、太い、引きが強い

 

そして、背に脂がのって

最高にうまいですよー

 

久しぶりの握り加減で

尺あるんじゃないのーって錯覚する始末

それだけ大きく感じたんです・・・・おはずかしい

 

帰って

あらためて尺鮎の剥製を見ましたけど

やっぱ尺はでかいですわ

 

 

仕掛けは

がま鮎:パワースペシャル荒瀬9.0m

オモリ仕掛けの場合は

水中糸:メタルライン0.4号6m

鼻カン周り:フロロカーボン2号

ハリ:3本チラシ、ハリス2.5号、9号、10号

 

背針仕掛けの場合は

水中糸:メタルライン0.2号

付け糸:0.8号

鼻カン周り:フロロカーボン1.5号、V暁愎

ハリ:ハリス2号、9号の3本錨

 

オモリ、背針

両方でやってみましたが

ピンポイントを狙うならばオモリ

広範囲を探りながら釣るには背針仕掛けが

私にはいいように思いました

 

瀬の中に立ち込むには

バラシを少なくする意味においても

手返しのリズムにおいても

オモリ仕掛けのものですねー

 

いちいち流されたり

下っていたのでは釣りになりませんもん

 

平水になればオモリ仕掛けが多くなってきそうです

 

9月18日には旧大和村を拠点に大鮎大会が開催される予定です

今年で3回目ですかねー?・・・たしか

過去二回は釣果が振るわず

タイトル負けしたような結果に終わってしまっていますので

今年は期待できるんじゃないですかねー

 

関係者の方々も

弾みがいいと思います

 

私も出場したいんですが・・・

 

この日は

がまかつの展示会が松江市くにびきメッセでありますね

私はこちらに参加となります

 

この日は何かと重なってしまったんですよ

MFG(マルキューを励ます会)の

中国地区チヌ釣り大会が境水道であって

この運営にも携わっています

 

賞品の段取りをして

開会式をして

選手を送り出して

がまかつ展示会会場入りになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 

9888 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2011年9月  >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog