島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2013年12月のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2013-12-24 | 釣り紀行・・・釣行紀

MFG中国チヌ釣り大会・・・境一文字


みなさん3連休はどうしておられましたか

忘年会シーズンでもありますからねー

飲み会が目白押しっていう方も・・・

 

私も金曜日は職場の忘年会でした

松江市美保関町の美保神社近くにある

老舗旅館・・・美保館へ

 

この会場が良かったですねー

いつ頃の建物なのでしょうか

明治?大正?

時代を感じさせる造りになっておりまして

ところどころには当時使われていた調度品が

展示してあるなど

やー雰囲気があってよかったですよ

 

料理も海鮮会席で

今が旬の紅ズワイガニの彩りも豪華

味も抜群でした

 

さて、三連休中日の22日は

MFG中国ブロック主催のチヌ釣り大会が

境港市一文字防波堤であり参加しました

 

寒かったですがねー

ここは風ウラとあって

少々の北、北西風はOK

外海はまだ大シケでしたがね

予定通り開催できました

 

大会は中国五県すべてからの参加があり

親睦も深めることができたと思います

 

釣りの方は・・・

私はダメダメでしたですー

チヌの釣果ゼロ

 

周辺では30センチクラスながら

ぽつぽつ釣れてはいたんですがねー

それでも1尾〜3尾までか

北側の端っこから300mほどの付近でしたが

急に水温が低下したのか

サシエサがほとんど取られることなく

カサゴが4尾釣れただけでした

 

それでもですよ

堤防部分が一段高くなったところと

低くなったところの境付近で

次々と竿を曲げる参加者が・・・

 

タナは4ヒロ半から5ヒロ

サシエサはスーパーハード

ハリス1.5号

 

みんな同じような仕掛けでやってはいるんですがねー

そのピンポイントだけアタリが頻発

グレも当たってましたねー

別世界

 

コマセに秘密があったかも

 

とにかく参りました

 

検量の結果では

私たちとは別船で「イケス」付近(堤防のほぼ中央付近)

に下りた参加者が上位を占めたようです

 

そしてそして

G1メンバーの

オガタツくん・・・45センチクラスを含む良型を5尾揃えて

ダントツの優勝

トータルで15尾の釣果も頭抜けていましたね

今年はG杯チヌ初出場など

飛躍の年でしたね

最後の最後も決めてくれました

 

G1は・・・中嶋さんが6位

山正くんが8位にそれぞれ入賞

クラブとしてもよい締めっくくりの大会となりました

  

マルキュー大坂支店からは

横川次長様が駆けつけてくださり

新製品の紹介がありました

賞品にも加えていただき

スタッフ人にも提供がありましたよー

さっそく使ってみたいと思います





 


8032 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


いつも楽しく拝見させていただいております。記事とは全く関係のない質問なんですが…私は底カゴ仕掛けの時、中通しの発泡ウキを使っています。長い間、使っているとケミホタルの装着部分のチューブがハズレてしまいます。チューブの脱落だけなら修理しますが、トップの一部ごと欠けてしまうこともあります。チューブが脱落してもケミホタルを装着できる良い方法があれば教えてください。過去の連載で小島さんは底カゴ仕掛けに管付きの棒ウキを使用されている?いた?ことは存じておりますが、良いアイデアをよろしくお願いします。タルカゴの時にはビニールテープで装着していますが…

by 腕は初心者 ( 2013-12-24 21:11:52 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2013年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog