島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2015年1月のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2015-01-27 | 釣り紀行・・・釣行紀

四国鵜来島遠征・・・撃沈、珍道中


この週末は四国遠征に行ってきました

今週は山陰地方も穏やかな天気でしたから
「こんな時にわざわざ・・・」

ほんとその通りでございます


これまでですねー
辛抱して待ちに待っていた
週末のいい凪


近い隠岐でもゆっくり、たっぷりと
磯泊まりを掛けながら
じっくりと楽しめたと思います


というのも
四国も例年になく好調


前週行ってきた
ヒョロ君

(ヒョロ君たちが竿を出した水島2番の船着け)


「尾長がそのあたり一面グラン、グランしとってねー」
「口太をかわそうにもすぐに40オーバーが食ってくるだー」
「ちょっと沖にはヒラマサのメーター級がゴボゴボだしねー」


そして現に口太は大爆釣
尾長には何度か痛い目にあたという
ヒラマサには秒殺


もうこれを聞いてはねー
ほんじゃー行ってみるかってねー


目指すは宿毛沖にある
鵜来島

(1日目 チョボの奥)


3年前にG杯で行ったとこですね
その前には同じくG杯で沖の島へも

プライベートでも
何度か行っていますが
なかなか名人さんの画像で見るように
尾長をヒットさせることすら難しい

まいたコマセに
乱舞する大型尾長が拝めれば
それもラッキーって感じでしょうか

結果を先に申しますと
(大方結果が先に来るときはダメなとき)

まざまざとアウエーの洗礼を受けた格好で
1日目グレ・・・ゼロ(ボーズ)
2日目グレ・・・口太40僂泙韮家

お互いにバラシが2-3回ありましたが
大きなアタリは正体不明
私は針外れも何度かありました
(これは口太かイサキか)

大型尾長の姿は
海中に見ることさえできませんでした

水温や潮の加減で
1日にして状況が変わると
G杯の時なども
そうでしたので
ちょこちょこっと行って
結果が出せるほど甘いところではないということです

それだからこそ
みんな夢中になるんでしょうがねー

ほんと参りました

それでは
口太の良型をお土産に
という考えもあったんですが
これも全く不発で大誤算

撃沈でした


他のエリアではですねー
口太はやはり好調で
40クラスの良型を二桁釣りも
多くのポイントで出ていたようです

私たちは
2日とも、水島2番回りを攻めましたが
(尾長の超、超1級磯)

口太の数狙いなら
姫島周りとか
本当周りとかが
いいようです

(水島2番の船着け)


(水島2番の東の鼻)


(水島1番)


(チョボ)


(1日目・・・チョボの奥)

(2日目・・・2番の奥の奥)

よりによってこの周辺は
今回は不発
尾長の反応もよくなかったようです

難しいですねー

(2日目 水島2番の奥の奥)


よって画像もほとんどが
ポイントの風景画像になってしまいました

2日目にお世話になった
宮本渡船がオレンジでカッコいいなーって
くらいでしょうか

ここの渡船は全船装備もよく
色鮮やかで格好いいですねー

(2に目に撮影した チョボとチョボの奥)


(グンカン周辺)2日目に撮影)



【タックル】
がま磯 マスターモデル 尾長 MH-53
東レ 銀鱗 スーパーストロング ネオ 2.5号
東レ トヨフロン ガイヤ ダブルX 2.5号
がまかつ Mシステム 尾長 くわせ 7.27〜8号
竹下ウキ 12センチ 0〜G2
ウキ下 1ヒロ〜4ヒロ
G5〜G3を付けたり外したり 1個〜2個

【エサ】
オキアミボイル3キロ×6
地アミ4キロ×2
【サシエサ】
オキアミボイルのみ
(配合エサ、オキアミ生は禁止されています)



さて、釣りの報告は
パッとしませんでしたので
このくらいで・・・


それがですねー
今回も大ハプニングがありましてねー

行きの道中で
ハイエースのタイヤがパンクしてー

パーキングで空気が少ないのに気が付いて
次のスタンドへinして空気を補充

高知まで何とかたどり着き
一般道へ降りたところで
釣具店が目につき立ち寄り

そして出発しようと
タイヤを点検してみると・・・こりゃーやばいわ

補充前よりも減ってるー

間違いなくパンクだー


すぐに加入しているロードサービスに連絡して
近くの修理屋さんに来てもらい

点検すると
・・・やっぱりかー

5センチほどのビスが刺さっていまして
これを通常現場ではしないという
パンク修理を特別にやってもらって
さー大丈夫と思いきや

「お客さん
 ここよりもバルブがいかれていますよー」

バルブを確認すると
音を立てて空気が抜けています

「ここでは修理は無理ですねー」

どげすーやー

どうしても釣りはしたいし
渡船時間に間に合わせるには・・・・

レッカー移動

約80キロ

なんとこの修理屋さん
あらゆることを想定して
車両運搬車で来てくれていて
ハイエースと
私とヒョロをのせたまま
荷台にロックオン

2階建てバスに乗ったような感じ?
車窓は夜中だし



楽しいわけないだろー・・・みたいな

私は仕方がないので
爆睡

ヒョロは意外と神経質なんで
寝られなかった様子


心配していた経費は
加入しているロードサービス2社と
任意保険の付帯サービスを使って
50キロ位は無料に

こういう時に助かりますねー

修理屋さんも親切で
ほんと助かりました

そんなこんなで
事故もなく無事に到着して
2日間釣りが楽しめたというわけです

帰りは
宿毛のスタンドで
バルブを修理してもらって
無事に帰還いたしました

やれやれ

大きな事故にならなくてよかったです

遠征時は
車両の点検や
空気圧のチェックなど
あらためて重要さがわかりました

スタッドレスは劣化が早いので
きれいに洗浄して
きちんとしたところへ保管することも
大切なようです

いろんなことを経験します























9664 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2015年1月  >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog