島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2015年9月のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します


    2015-09-10 | 釣り紀行・・・釣行紀

GFG島根支部磯釣り大会in鷺浦


9月6日開催した
GFG島根支部 磯釣り大会を報告します

会場は鷺浦

雨でのスタート
北東からのうねりもあり
今年から解禁となった
「コイドリ」や超一級磯の「鶴島」周辺には
渡礁することができませんでした

県内各地から会員25人が参加
抽選順に
あらかじめ船長と役員で設定した磯に振分けスタート

私は「西の黒島」へ
「ここが一番微妙だなー」と船長
うねりが大きくなったら撤収ということで渡礁

本日は釣り方は自由(ただし活き餌は禁止)
そして2魚種の合計長寸で順位を競います

(西黒 沖向きポイント)


好調のヒラマサを狙って
タルカゴたっちゃん仕掛けで挑みます

最初は水中ウキ3Bを入れて
ウキ止めを針から5ヒロのところにセット

私と安達君はタルカゴ仕掛けで沖向きに
大野君はフカセで三味線向きに

沖向きは開始早々からエサ取りの猛攻
ヒットしてくるのはウリボー(イサキの稚魚)ばかり
半端ない数ですねー
サヨリやアジもいるようです

手返しを早くして
コマセを効かせますが
本命が寄って来たような雰囲気が全くないまま
時間が過ぎていきます

すると三味線水道向きに竿を出していた
大野君が大きく竿を曲げています

まてまてと助っ人に近寄ってみると
本命のヒラマサをヒットー

やりました
「ぼくはじめてフカセで釣りました」と笑みがこぼれます
やったのー
すごい、すごい

状況を聞くと
水道筋はまったくエサ取りがいないといいます

(三味線方向)


この情報を参考に
私も沖向きに見切りをつけて
足場を移動
「まないた」方向へ流してみますと

あららーエサ取りがいない
潮も沖から突っ込んできてワンド方向へ

このころには水中ウキを外して
狙いのタナはハリス分の3ヒロを
探るイメージ

時折、大平方向へ潮が跳ねる一瞬があり
潮目を狙って投入すると



キタキター
ラインがキュキューと張って行って
手元にずっしりとした重量感

上がってきたのはレギュラーサイズの本命ヒラマサ





「まないた」向きの近距離でヒラマサを追加

そして2魚種目の良型狙いで
再びタナを入れてみます

タングステンのオモリを仕込んで
竿2本あたりを探ります

するとすぐに竿引きのアタリー
走りがないのでヒラマサではないようです

マダイ?イサキ?それとも・・・

上がってきたのは良型イサキ

そしてこの後はめぼしいアタリもなく12時過ぎに納竿
迎えの船を待ちました

(三味線の回収)


雨とうねりで
潮の色も今一つよくなかった様子

これはみんな苦戦しているぞ
と港に帰ってみると

すでに前半近場組が検量を終えています
そして中型クーラーからヒラマサらしき尾っぽが・・・





はみ出してるー

なんとなんと
ごんげん先端で82
ヒロデでも82

優勝は30センチクラスのイサキとの合計で
114僂魑録した
門脇会員が見事優勝

合計が100僂鯆兇┐覆ら
残念!G1メンバーでもある石ちゃんが準優勝

あとは数センチ刻みで混戦でしたが
良型イサキが功を奏して
私が3位(ありがとねー)


ほとんどの選手がヒラマサやイサキの釣果がありました

その中でも
西部から参加の安田会員は
イシダイ狙いにこだわり
三味線で見事50センチクラスをゲット
お見事でした

やはりでしたねー
沖磯や同じ磯でも沖向きは
エサ取りが多く


(大平、ふかたえ方向)

湾内の磯や内向き、ワンド向きにアタリが多かったようです

湾内の最深部(渡船が付いているあたり)
には小魚がたくさん群れで入ってきており
どうやらこのベイトを追って
大型魚もうろうろしているようです

そういったことも参考に
ポイント設定や攻める方向を定めると
よいかもです

シケ模様で開催が危ぶまれましたが
船長さんのご好意や
役員メンバーの働きで
よい大会になりましたねー

いろいろあった週でしたが
励まされる機会となりました

参加のみなさんありがとうございました




【本日のタックル】
がま磯 我夢者 3号
リョービ 3500番
東レ 銀鱗 SSシグマ 5号
東レ トヨフロン スーパーL・EX 5号
がまかつ A1 TKO 10号
G1タルカゴ ドクロ 中
たっちゃん仕掛け 
クリアー水中 3B
タングステン 0.5号
(取ったり、付けたり)

【エサ】
オキアミボイル 6キロ
テスト用 タルカゴ専用配合エサ 2.5キロ
































6609 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


お尋ねしたいのですが
最近はヒラマサが釣れていますが
やっとねばって一本釣ったヒラを捌いてみると 腹の中にボイルが満タンな事があります。
これは その場にいてもハリの餌に中々食いつかなかったことですよね。
ヒラはある程度集団で行動していると推測するとなぜハリの餌を食わないのか。
食わせる 掛ける 掛ける為のテクニックはどのようなものがありますでしょうか。
是非 食わせのテクニックを教えていただきたいのですが
よろしくお願いします。

by 釣り好き? ( 2015-09-13 23:19:11 )


トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2015年9月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog