島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2017年7月のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します


    2017-07-04 | 釣り紀行・・・釣行紀

得体の知れない大物の正体は・・・


台風3号は南よりに進路を移してくれたお陰で
山陰地方には大きな被害はなかったようです

さて、最近釣行の掲載がないなーと思われていると思いますが
実際に行けていないんですよー

5月、6月の隠岐釣行がゼロ
こんなことは
大学を卒業して帰郷してから
はじめてのことです

日帰りも考えますけども
もったいないような気がしましてねー

特にこの時期は
マズメ、夜釣りがいい時なんで
2日間からだが空かないと行けませんねー

予約を入れていたところが
時化で中止になってしまって
そのまま行けないでいます

大社方面のヒラマサ釣りも
とも島でぼつぼつよいようですから
これからが楽しみですね

今月の15日の実釣講習会で
ヒットするといいですがねー
ほんと、楽しみです


平日昼間は当然仕事ですし
週末は地域の行事や
子どもの野球の追っかけやら

そこで平日の夜に
メンバーがアオリイカ釣りに誘ってくれましてね

どれどれと
ついていってみたんですよ

そしたら
まげなやつが釣れましてねー




そこから例のごとくはまっていくわけです

アジの餌釣りですけども
釣れればおもしろいですねー

食べても美味しいし
冷凍保存もできますから最高です

2キロ級ともなれば
引きもかなりのものですから

まずは手軽なウキ釣りから

がまかつの「お墨つき」って仕掛けですけども
これが掛かりがいいですねー


アタリがあればキープ率もよいようです
初心者のg1でも楽勝です

つぎにヤエンも挑戦してみました
これも奥が深いですねー
ヤエンを投入するタイミングがなかなか難しい
まだまだこれからです




す、するとですねー
なんだか得体の知れない
ものすごいやつが
当たってくるんですよ

「なんだー」

そんなにスピードはないんですが
とにかく寄ってこない
そしてやがては切って仕掛けをぜーんぶ持っていかれてしまう

最初はねー
すごいアオリが来たって騒いでいたんですよー
こりゃーモンスターだでー

なんてねー
なにせアオリは素人ですからねー
わからないことも多いわけですよー

それでも
仕掛けごとイカは切ってはいきませんよー
ってことになって

こうなると正体をあばかないわけには
気持ちがおさまりませんし
次に進めません
g1の性格上ですねー

そこで
手持ちの
最大級の大仕掛けを用意して
再び挑んだわけですよ

やややー
正体はこれでしたー



デカイ方は2m以上はありますねー



小さい方でもメーター超え




クエとかだったらと
ちょっとは期待していたんですが

それでも12号ハリスを
ブチ切って行くやつがいますからねー

大物の引きは十分に楽しめますよ





遅い時間帯がよく22時頃から0時までに
5回くらいはアタリがあります

でもねー
損失もありました

デカイのを引き上げようと
タモを使ったら

柄は折れますわねー

イカ仕掛けにきたやつに
竿は折られるし

あららーでした

最近はこんな感じです

アオリは家族と
ちょっとしたイベントで
使えるくらいはキープしましたよ

2日は
GFG島根支部のアユ釣り大会に参加して
江の川水系の出羽川で
g1自身の解禁日を迎えました

去年の仕掛けをそのまま使っていたら
初っぱなのアユをドンブリしてしまって
苦戦を強いられましたが

なんとか繋いで27尾の釣果
3位でした



役員さんのお陰で
美味しい焼き肉と羽須美米のあったかご飯をいただいて
最高でしたよー

お世話になりました

午後も少し竿を出して
20尾ほど追加して帰りました

アユ釣りもやっぱおもしろいですねー

まだイサキや梅雨グレも釣っていないしなー

どうしよう

ああそれから
アオリに鮎の餌はダメでした
エサ持ちは最高にいいんですがねー

(養殖ですよ)





4041 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年7月  >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog