島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

釣り紀行・・・釣行紀 - 2013年10月15日のエントリー

釣り大会の参加や開催、プライベート釣行の様子を紹介します


    2013-10-15 | 釣り紀行・・・釣行紀

G杯グレ 徳山予選


13日はG杯グレ 徳山会場予選に出場しました

グレは今シーズン初の予選出場となりますが

鮎釣りに

ヒラマサ釣りにと

いそしんでおりましたので

下見なしのぶっつけ本番となりました

 

抽選で上がった場所は

このポイントをよく知った参加者いわく

「ここは優勝候補ポイント」

大津島のカナガサキというとこで

一級磯だそうです

 

周辺でも潮通しが抜群で

良型グレが期待できるということです

 

センターを決めて

わたしはじゃんけんに負けて左側から

右側が先端となり潮筋ができていたので

そこのポイントから攻めたかったところでしたが

狙いが外れてしまいました

それでもキープサイズの25センチ以上を

ぽつりぽつりとキープ

本日は25センチ以上の7尾の重量勝負

 

前半の3時間で7尾を確保

30センチあるなしサイズも数尾混じり

まずまずの折り返し

 

そして後半にわたしが思うところの

本命ポイントに

潮も動きがあり条件的には良好

タナをやや深めの3ヒロに設定し

サシエサはボイル

 

水面には小型のグレやスズメダイ、サヨリの子がバシャバシャ

そこへ子アジも混じり針に乗ってきます

 

これを交わしながら

グレの良型狙いを試みます

(エチゼンクラゲの死がい・・・久しぶりに見ました)

そして・・・

これまで30センチあるなしは

強引に抜きあげていたのですが

間違いなく本日最大級(30センチの上が何センチあったかなー)

というような良型がヒット

これもやや強引に水面まで浮かせて抜きあげようとしたところで

やぱり慎重に・・・

 

そこで玉網を本日初めて使うことに

タモの柄を手に持って伸ばした瞬間に・・・あっ・・・

と思わず大きな声を発してしまいましたー

 

針はずれの痛恨バラシ

 

かーもしかしてこの1尾がG1的な1尾になったかも

・・・とわたしにしてはかなり尾を引きまして

そして検量して案の定

グループ2位でした

(グループ1位がG杯全国大会へ出場)

いろいろ反省点も多くありました

勝利の女神

釣りの神様を味方につけるには

取り組む姿勢や意識

事前準備や集中力

何かと今大会は気持ちも含めて準備不足でした・・・反省

 

次は来月・・・日振島会場予選

しっかり準備してがんばります


 
 
 



【タックル】

ロッド:がま磯マスターモデル口太 T-53
リール:リョービメタロイヤルZM 2000
ライン:東レ、SSサスペンド 1.8号
ハリス:東レ、トヨフロンスーパーL・EX1.2号〜1.5号
ハリ:がまかつ テクノグレ 4号〜6号 
ウキ:竹下ウキ14センチ、0 、G5、コジマSP

【エサ】

コマセ

オキアミ生3キロ×2
マルキュー:遠投ふかせスペシャル×2
(以上を2セット)


オキアミボイル3キロ×1
(以上はポイントで海水に浸して粒のまま使う)

サシエサ

マルキュー くわせオキアミスーパーハード
オキアミボイル
オキアミ生

 

早速新製品の針を使いましたが

良好でした

今シーズンはこれで行ってみます

6247 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2013年10月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog