島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

G1の道具箱 - 2013年8月のエントリー

釣りに関するタックルや釣行時の便利グッズを照会していきます


    2013-08-19 | G1の道具箱

ロッドケース


ほんと久しぶりに

「G1の道具箱」を紹介します

次々に紹介していきますね・・・などと言っておいて

ほんとうにすいません

 

みなさんに意外とよく聞かれるのが

「どんなロッドケースを使っているんですか」

ということで

 

今回は私が使用している

ロッドケースを紹介します

 

まず、プライベート釣行のほとんどは

下の画像の大型のもの

がまかつから販売しているもので

サーフ用に開発したものでしょうか

これを磯釣りのほとんどに愛用しています

大容量なのが最大の魅力です

中央には

3号から4号クラスのロッドが4本

2号までなら5本

それにタモの柄

大型パラソル

手作りの125センチスケール

折りたたみの椅子

大型リールを2個セットしたまま収納可能

その他、軽量ダウンジャケットやタオルなども

隙間を埋め、クッション代わりに入れます

 

両サイドのポケットも大きく

四つ折りのタモ枠

コマセしゃく

竿受け、ピトン、ハンマー

予備の小物類など

小型の収納ケースに分けておけば

取り出しもスムーズ

 

100円ショップで購入した

プラスチックのパスタケースが

サイドポケットに4個収まるんですが

これにはウキ類を収納

竹下ウキ、タルカゴウキ、底カゴ用の発泡棒ウキなど

このロッドケースがあれば

私がやる釣りに関するタックルのほとんどが収まってしまいます

要はタックル用のバッグがいらないということです

かなり重量はかさみますけども

もともと大切なロッドが入っていますから

磯渡し時も手渡しでやります

 

なぜこれほどのものをロッドケースにまとめるかといいますと

とにかくせっかちな私なのですが

少しでも釣り場でイライラしないことが重要なんです

 

私の場合、ロッドケースに大方のものをまとめておくと

磯渡し〜準備〜釣り〜片付け〜撤収と

非常にスムーズなのです

 

早く物を取り出したいときにも

ロッドケースからが一番早くいくように思います

 

もともと磯用に開発されたものではないようですから

改良の余地はありますが

十分満足しています

 

欲を言えば

下部をもう少し大きくすると

さらにロッドが多く入れられ(現在の本数でも出し入れがしやすくなる)

立てたときの安定性が良くなりますね

 

 

次にトーナメント用に使用しているものです

現在は廃番になってしまいましたが

フカセ用にリールをセットしたものが2本収まります

これもトーナメントに限定すれば

ライフジャケットに小物類を収納しますから

小物の予備や

ウキパラソル、コマセしゃく、偏光グラスなど

大方の物が入ります

ハードな仕上がりになっていますので

中身の保護になりますね

デザインがシンプルなのでそれほどとは見えないかもしれませんが

リールセットして2本+予備ロッド2本+タモの柄の収納が可能です

 


【参加者募集中】 
 
竹下名人のオブザーバーとして

私もお話しする時間をいただきました

下記のチラシをご覧いただき

たくさんの方にお出かけいただきたいと思います

私のテーマは

「タルカゴ釣法」

私が実際に使用しているタックル類を

会場に持ち込んで

初歩の初歩から解説していきますので

これから始めてみようという方に

どんどん来ていただきたいと思います

 

そして、すでにタルカゴでやっているんだけど

「釣果がいまひとつ」と悩んでいる方々にも

ヒントになるお話ができるとよいと考えています

 

普段疑問に思っていることなど

質問も考えて来てくださいね

時間を設けて

出来る限り答えていきたいと考えています

 

お楽しみ抽選会では

私が丹精込めて作り上げた

「G1タルカゴ ドクロ」を1個かな2個かな

プレゼントしたいと思います

あくまでも予定としてね

現在、製作中ですが

なかなか手が進みません

何とか間に合うように頑張ります
 
 
 
 


 

13297 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2013年8月  >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog