島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

Fishing質問コーナー - 2013年8月のエントリー

釣りに関する質問にお答えします


    2013-08-07 | Fishing質問コーナー

質問:ヒラマサに虫がいるんですけども


今年の島根半島は異常なほどの

ヒラマサの当たり年・・・

猛暑、猛暑で磯は灼熱地獄でしょうけども

ヒラマサフィーバーで

釣り人も熱い、熱い

 

真夏の磯釣りはお休み・・・ってメンバーたちも

一度釣行してヒラマサの引きを味わうと

一気にスイッチONとなって

磯通いが始まります

 

私も通年では鮎釣りの最盛期ですが

川は増水だったりもあって

鮎の釣果が安定しないんですよ

 

私も仲間に誘われるままに

大社方面の磯へ通い詰めています

 

私たちはまだ

爆発的な釣果には当たりませんが

宇竜、鷺浦方面が好調で

連日、二桁釣果が上がる磯があるなど

絶好調が続いていますね

 

今がチャンスです

 

さて、釣り方や仕掛けの話など

話したいことはたくさんあるんですけども

久しぶりに質問をいただきました

「ヒラマサの筋肉にいる米粒大の寄生虫」について

回答が遅くなって

申し訳ございませんでした

 

私の知識としては

専門的な回答はできませんが

 

あくまでも釣り人の経験値としての

コメントですのでご承知おきくださいね

 

質問主さんのおっしゃるとおり

今釣れているヒラマサ

サイズ的には50センチ級と小型で

「豆ヒラ」などといわれていますが

ほとんどの個体に

この、米粒大ほどの寄生虫がいます

 

まず結論から申しますと

私の場合、または家族、友人で

ヒラマサ(この寄生虫が混入している)を食べて

食中毒になったような事例は一つもありません

 

私の関係者でも

そういった報告は過去に全くありませんでした

 

サバなどによく寄生する

「アニサキス」などとは違い

人体に影響がないものと認識してよいかと思います

 

ただし、私たち釣り人は別としても

これから食べようという魚の身に

このような遺物?(寄生虫)が目撃されれば

一般の方はいい気持ちがしません

 

一気に食欲が落ちたり

この寄生虫が直接の原因ではないのに

気分を悪くしてしまったりすることもあるかもしれません

 

私が自分でさばく場合には

寄生虫を確認すれば

何事もなかったように取り除いて

刺身にこしらえて

家族に食べてもらうようにしています

 

せっかく釣ったお魚さんにも

気持ちよく

おいしく食べてやらないと

失礼ですからね

 

また、養殖した魚には

消毒を使って寄生虫の発生を抑えるとも言います

虫も食わないような農薬野菜がいいのか

多少の虫は付くけども

無農薬野菜を選ぶのか

 

正真正銘の天然もののヒラマサには

こういった虫はいるものだと認識しましょう

 

ただし、個体によっては

相当数の寄生虫が混入している場合があります

この場合は100%取り除くのも難しいですし

そもそも、魚体自体が衰弱して

痩せて身もスカスカして

刺身では味も落ちる場合があります

 

このような場合は

みりん醤油に漬け込んで

照り焼きでいただくなど

何らかの調理を施して食すようにしています

 

いずれにしても

寄生虫がいるからといって

廃棄してしまうようなことはしません

 

参考になりましたでしょうか

 

ヒラマサ(アジ科)はブリ系の魚と違って

夏場でも脂が落ちずにおいしくいただけます

現在多く釣れている50センチ級であっても

刺身などでおいしいですねー

 

うちでは

釣ってすぐよりも

処理しておいて

2,3日パーシャルで寝かせておいて

造りでいただくと

甘味が出ておいしいように思います

ヒラマサは持ちがいいので

1週間後に同じく造りで食べてもOKです

どれだけ日にちを置くのが好みなのか

みなさんも試してみられるとよいと思います

 

私は4,5日くらいがいいですねー

コリコリ感を味わうなら釣って直ぐがいいですが

旨みを味わうなら少し置いた方が断然いいですね

 

アラ汁も炊いてから

いったん冷ましておいて

冷蔵庫で保存し

これを繰り返して

2日目、3日目にネギをたっぷり入れて食べるのが最高

 

家族でも上位にランキングされていて

久しぶりに帰省してきた末娘も

新鮮なヒラマサの刺身が「たべたーい」・・・「ついでにイサキもね」

などと言っていますから

がんばって釣ってこなければ・・・

 

お前の野球応援で夏休みを使い切ったんで

今度の週末には・・・ね

大丈夫かなー

 

一緒に釣りに行くかー・・・

35216 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2013年8月  >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog