島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

Fishing質問コーナー - 2014年7月のエントリー

釣りに関する質問にお答えします
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2014-07-03 | Fishing質問コーナー

質問:今シーズン、これまでのマダイ釣り総括


隠岐島前などの
今シーズンでこれまでのマダイ釣り総括を

以上のような質問をいただきました
ありがとうございます

まず回答する前に
お断りをしておかなくてはなりませんが


今シーズンの私というと
まずには釣行回数が極端に少ないこと
加えてマダイの釣果がほとんどなかったこと

こんな状態で
このような場で
総括することはひじょうに難しいということです

質問をいただいた方には
ほんとうに申し訳ありませんが
ご了承ください


それでもですねー
私が得た情報などをもとに
感じていることを少々

今シーズンは水温の低い3月、4月に
大ダイの情報が飛び込んできて
「今年はマダイが好調」と期待しました

現に私も
そのようなコメントをこのブログでも残しています

この調子だったら
水温が上昇して
天気が安定する5月、6月は
さぞかしよいだろうと・・・


しかし、実際には
あくまでも私が感じたところによりますと
例年よりも低調だったのではないかということ

これは不安定だった天候の影響も
大なり小なりありましょうか

それとこれも専門的に分析したものではないのですが
釣り人の感覚として

よいはずの潮周りにもかかわらず
潮の流れが定まらないことが多かった

釣果があっても時合が短く
1回アタリがあったら
帰るまでそれっきりだったなど

各渡船エリアにおいても
大ダイは
けっこう釣れているには釣れていたという
印象ですが・・・・

中型を中心とした数釣りができたか?
どのポイントでもそこそこにアタリがあったか?
シーズン中は毎日のようにコンスタントに釣果があったか?

というと
例年よりも低調だったというのが
私の印象です

明確な回答ではなく
申し訳ありません

みなさまからも
何か情報があれば
コメント等でお寄せいただくと
よろこびます
8621 count

コメント(4件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


ありがとうございました

全体がわかって参考になりました

by 阿部零士 ( 2014-07-04 09:18:36 )

丁寧な回答、有難うございます。私自身も去年ほどではないですが、隠岐島前としてはタイは不調だったと感じました。今後は秋のタイ釣りシーズンに期待します。今後もブログで隠岐の紹介を、お願いします。有難うございました。

by 隠岐ファン ( 2014-07-04 01:19:18 )

たぶ 様へ

貴重な情報をありがとうございました

そういったことがあったんですねー
驚きました

今後とも
何か情報があれば
よろしくお願いします

コメントありがとうございました

by G1 ( 2014-07-03 19:27:04 )

やはり昨年に起きた、島前地区を中心とした水温の急激低下による沿岸付近の鯛の大量死も少なからず影響しているかもしれませんね。

by たぶ ( 2014-07-03 12:20:42 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2014年7月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog