島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

Fishing質問コーナー - 2016年5月のエントリー

釣りに関する質問にお答えします
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2016-05-23 | Fishing質問コーナー

質問:「上カゴ」=「タルカゴ」?


この週末は初夏を思わせるような天気でしたねー

いやいや真夏日・・・
という猛暑の地域もあったようです

山陰地方は
時折、東系の風が吹き
日差しはきついものの
さほど気温の高さを感じませんでした

夜になると
まだまだひんやりしています

さて、質問の回答ですが

「上カゴ」と「タルカゴ」の
言葉の概念についてですが

「上カゴ」というのは
「底カゴ」との対比であって

まずは「底カゴ」というのは

「底カゴ」=「オモリカゴ」
コマセをオモリで強制的に沈めて
ある一定のタナにキープし
コマセを効かせていくというイメージです


それに対して「上カゴ」は
コマセのカゴがウキと一体となったもので
フカセのように
海面から
自然にコマセを沈ませていくというイメージです

「上カゴ」には「タルカゴ」も含まれましょうが
「上カゴ」=「タルカゴ」のみを
示しているのではないですね

山陰地方では
「上カゴ」というと
ほとんどが「タルカゴ」というイメージが
あるかもしれませんが

地域には様々なタックルが
存在するものです

ウキにナイロンカゴが一体になっているものや
ウキにステンレスの金属カゴが付いているものもあります

上カゴにもいろいろなタイプのものが
存在しているのですね

わたしの場合は以上のように
認識しています


次に
先日紹介した
オキアミの糸巻きについてですが
糸の最終端の処理は

特に結びを入れる等ではなく

ただ、ぐるぐるーっと巻いて
ギュッと絞るように
糸の端を指で切ってそのままです

非常に細く伸びのある糸ですから
この方法で問題ないように
わたしは考えています


詳細報告は後程なんですが
先週日帰りで隠岐島前 三度へ行ってきたんですね

3人で同じ磯に上がって
G1タルカゴ ドクロ仕掛けで
マダイを狙ったんですが

ボイルオキアミの4尾ぐるぐる巻きで
3人でこの日唯一の真鯛のアタリをキャッチしたんですよ

大エサで目立たせたことと
小刻みな誘いを入れたことが
功を奏したと考えています
9053 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


お忙しいところありがとうございました。
今年もG1タルカゴで攻めたいと
思います。

by 浜田大好き家族 ( 2016-05-25 19:13:04 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2016年5月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog