島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

NEW・G1フィッシング - 新着順エントリー

2017,10,10 リニューアル
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-12-28 | NEW・G1フィッシング

江田島のブリ釣りNO.2


23日、24日は江田島へ再度ブリ釣りに

今回は
前回の釣果につられて
メンバーも同行しましたよ

初日はやっさん

同じイカダの両端にあげてもらって
エサのコノシロは2人で4尾


わたしのタックルは
前回同様で

がま磯 我夢者 4号ー50
道糸 東レ ナイロン10号
ハリス 東レ 船ハリス 12号
ハリ がまかつ ふかせヒラマサ 14号
捨て重 30号


コノシロをハリにセットして
まずは底まで重りをつけて
約5mほど戻して

あとはブリが食いつくまで
ひたすら待つだけ

開始そうそう
何やら隣のイカダが賑やかだ

この釣りの先生で案内役の雅くん
本日も1投目すぐから本命のアタリか

来ましたねー
90僖ラスのブリです

いいなー

その後
隣のイカダでは
他の同行者にもアタリがあったそうで

これは残念ながらバラシ
「メーター級の10キロ超えだったかも」
とのことでした

こっちはなぜこんだー


沈黙が続き
時間が脈々と流れます



この日は穏やかで
気持ちいいですねー

しびれを切らしたやっさんは
合間にチヌ釣り

これも活性がイマイチでしたが
しっかりゲットしましたよ




そして午前11時が少し回ったところでしたでしょうか
緩めてリールのドラッグが出ていきます

今回は
鯉釣りに使っていた
アタリセンサーをつけていたので
ピピピピーと賑やかな音が

静かな海面に響きます


おおおー、キタキタキター

十分にラインを送り込んで
エサを食い込ませて
ガッツリ・・・アワセをいれます

ギュギューンと我夢者が絞り込まれて
ドラッグが鳴り響きます

こりゃー本命だわ

ためてためて
徐々にドラッグをしめていき
引き寄せに入ろうと思ったその途端

ありゃー

フッと軽くなって手応えがなくなりました

引き上げてみると
ブリの腹んなかから
ズルっとスッポ抜けたのでしょうか

ウロコが飛んでズルズルのコノシロだけが
上がってきました

やっちまったー

今回は二本ハリの先にコノシロをつけて
やってみたのですが(先生と同じように)
親ハリがコノシロにかかてしまって
うまくブリの口に掛からなかったのか

検証してみると
親針と孫針の間隔が広すぎたことによる
トラブルと言うことになりました

二つの針が近い方がいいみたいです

ここではもう少し練習してからと言うことで

前回同様
1本針で再挑戦することにしました

貴重なコノシロはこれが最後です

来いよー


すると願いは通じて
12時25分

再びアタリセンサーが鳴り響きます

隣のイカダにも
その音は響きます

注目の的


今度もしっかり送り込んで
ガッツリいきました


やっぱりなれんことはしない方がいいのかなー

竿が磯用でこのしなりですし

ラインがナイロンで伸びがありますからねー

わたしの仕掛けには
1本針が合っていたと言うことでしょうか



無事に取り込んだのは
85センチくらいか





でも、2週間前と比べて
ずいぶん太った感じ

重さは
前回釣ったメーター級と同じくらいありそうです

8キロはありそうですよ



やー、これこれ
この1本なんですよー

これでなんとか年末のごちそうは
キープできました


同行のやっさんにも
何とか1本アタリがと願ったのですが
タイムリミット

こんなまったりした釣りですけどもね

釣りの時間がたつのは早いよ
直ぐですもん


結局本日のマルケン渡船でのブリ釣果は
雅くん先生とわたしの2本だけ

その他バラシありといったところです

リスキーな釣りではありますけどもね
それでも釣ったときの価値がある


初日を終えて
やっさんとはお別れ


わたしは近くの日帰り温泉に浸かって
車中泊・・・・快適快適


2日目の同行者はソッチ
初日にアタリがあったんで
張り切っての登場です




コノシロも船長の配慮で6尾確保

午後からは時化て来ると言う予報でしたが
雨も風も納竿の15時までもってくれまして

このような穏やかな
釣り日より

この日もまったりとね

しかし、この日も沈黙が続きます




ソッチも合間にチヌをゲットしましたよ



まずまずの良型


そして前日アタリがあった時刻から
午後にかけて

今か、今かと期待したのですが
この日は隣のイカダも
わたしたちのところも

全く気配なし

だいたいブリの気配があると
コノシロが小刻みに逃げ回って
竿先の動きで気配を感じるものですが

この日はダメでしたねー
そういう期待感もないまま
終了の時を迎えてしまいました

結局、わたしが2日かかりで1本のみ

メンバーにも1本釣らせてあげたかったですが
何せ運任せですからねー

来るか来ないかはですねー

残念でした
また来年リベンジしようねー

さて、この釣りをお世話してくれるのは
マルケン渡船さん

若い船長ですが
気がよくてですねー
本当に懇切丁寧な対応には頭が下がります

コンパネもきれいに掃除して


てきぱきよく動きます



いつもこの笑顔で接してくれますもん

元気がよくて気持ちいい


また、来年もよろしくお願いしますよー
1月、2月も釣れるそうですから

年明けもチャレンジしますよ







マルケン渡船

http://chinuparadise.com/maruken/
4492 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

  • NEW・G1フィッシング

エントリーカレンダー

<<  2017年12月  >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog