島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

NEW・G1フィッシング - 新着順エントリー

2017,10,10 リニューアル
次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2018-01-25 17:30:07 | NEW・G1フィッシング

G1カップ、今年も開催します


やー時化ますねー
山陰の日本海は大時化です

隠岐汽船は運行を再開したのかなー
5m級の波高予報です

さて

今年もG1カップ磯チヌ選手権の
ご案内をする時期が参りました

下記のポスターを
山陰地区を中心に
釣具店にお願いをして
掲示してもらっています

どうぞ多数の方に
参加いただきますようにご案内します







今回で19回目となりますが
17回、18回と悪天候のために
隠岐での開催ができず
境港の一文字防波堤での開催となりましたが

今年はなんとか隠岐での開催ができるように
祈るばかりです

そして、わたしが夢だった
知夫を会場に加えた形で

隠岐島前全域を会場にして
開催すること

これを是非とも実現したいと思っています


今回変更点としては
,茲螢櫂ぅ鵐箸鬚犬辰り攻めていただくために
 完全磯替わり方式を改め
 希望者のみ磯替わりを行います

遠方からの参加を考慮して
 納竿時間を15時〜14時に変更しました

0天候時の会場変更
 境港一文字防波堤の立ち入り禁止により
 隠岐が中止になった場合は
 境水道周辺でのキャノンボール方式とします

た修傾み方法
 申し込みはメールでの受付のみにしました
 ポスターのQRコードを認証していただくと
 アドレスや申し込み内容のフレームが表示される仕組みです

※参加費、渡船料は当日受付でお支払いただきます

※QRコードの読み込みがうまくできない方は
 gtmuki@yahoo.co.jpのアドレスに下記の項目を入力して
 送信してください
 
「第19回G1カップ磯チヌ選手権大会に申し込みます」 
〇疚勝 
▲侫螢ナ:
〒:
そ蚕蝓
シ搬喩峭罅
所属クラブ(任意)
※複数エントリーされる場合は、上記~Δ鬚修譴召譴
 入力してください

申し込みメールを確認した場合は
返信で申し込み完了のお知らせをいたします

1週間が経過しても返信がない場合は
申し込みが送信されていない場合がありますので
恐れ入りますが再度
上記手順で申し込みメールを送信してください

よろしくお願いします


12927 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

  • NEW・G1フィッシング

エントリーカレンダー

<<  2018年1月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog