島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

NEW・G1フィッシング - 2023年8月29日のエントリー

2017,10,10 リニューアル


    2023-08-29 | NEW・G1フィッシング

アテンダー3この秋発売へ


「がま磯 アテンダー」が12年ぶりにリニューアルされて
この秋、満を持して「がま磯アテンダー3」として発売されます


来ましたねー

デザインもいいですねー

わたしはプロ卜も含めてまだ手にしていないですが
楽しみです

今回は1・25号、1・5号、1・75号の発表ですが
それから下の号数や上の号数も順次発表されることでしょう

来年でしょうけども・・・



どの号数にするかわたしも迷いましたが
迷った末に1・75号を注文しました

迷った割にはこの号数にした理由を問われても
うーんどうかなー
明確な理由が出てこない

何となく

あえて言うなら
人よりも太糸を使用する場面が多いので
今回発表された中での上の号数を選んだと言ったところでしょうか

早く手にしてみたいですねー
そして魚を掛けてみたい

それと竿の調子や使用感を示すこの図はいいですねー
竿を選ぶ目安になります


もともと胴調子で粘り腰の竿を好んで使うわたしは
2003年に発表された初代アテンダー
2011年に発表されたアテンダー2は
わたしのメインロッドとしてそれぞれの号数を使い込んできました

特に2代目アテンダーはその完成度が高く
もうこれ以上の竿はできないのではないかと感じたほどです

リニューアルするのに12年間と言う時を経たことを考えると
それだけ「2」が完成度が高かったことを裏付けます

最新素材の使用
最新技術を駆使
経験豊富なテスター陣の監修・テスト

究極の粘り胴調子を体感しましょう


待ち遠しいなー
1510 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2023年8月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog