島根と広島の県境にほど近い山村、島根県邑智郡邑南町に築180年という古民家を借りて住んでいます。大家さんが、薪ストーブ設置をOKしてくれました。それはつまり、大屋根に穴を開け煙突を設ける工事を認めてくれたということです。さすがに大工事となり、2013年12月中旬に始まった工事は翌年1月末にようやく終わりました。2014年2月、待望の薪ストーブ生活がスタート。これは薪ストーブ初心者の試行錯誤の日記です。

新着順エントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-01-11 11:49:15 | 本日も薪日和ー古民家からの薪ストーブ便り

薪ストーブの裏


すきま風が吹き抜ける古民家なので、暖房効率がイマイチです。
これまでは、ストーブの裏側の部屋も暖めようとしていたのですが、元からあった木戸を戻し、閉め切りました。
高熱で木戸が焦げやしないかと危ぶみましたが、薪をがんがんくべても、さほど熱をもつことはありませんでした。
ま、犬が裏側に潜り込んで惰眠をむさぼれるほどですから、たいしたことないのでしょう。さすがに喉は乾くらしく、時々、のそのそ這い出して来ては、水を飲んで再び元の位置に戻っています。

583 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年4月  >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード


TopPage access 13940