2021年10月のエントリー



    2021-10-11 20:45:57 | おーい!中村です!!

どっぼ〜ん


次男がまだ3、4歳の頃。
五十猛港に釣りに連れて行った。

波止に並んで座り、ピクリともしないウキを見ていたら、「ドッボーン!!」と大きな水音。

落ちた!!!

一瞬で血の気が引き、ばっと次男が座っていた右隣を向くと、目が合った。

?、??、あれ? 落ちてない。

右下の水面から聞こえた音に、てっきり次男が落ちたと思ったのだけれど、さっきまでと同じように竿を持ってちょこんと座っている。

まだ血の気は引いたまま、事態がよく飲み込めない。

落ちて・・・ないようだ。落ちてないよな? でも、何か落ちたよな??

混乱しつつ、「何か落とした?」と聞いたら、「ううん、落としとらんよ。」

とりあえず安心したが、じゃあ何が落ちたんだと思った次の瞬間、再び「ドッボーン!!!」

うわっ!!

2度目ながら、再びドキッとして右を見ると、そこには巨大な黒い影。
防波堤ぎりぎりを5、6頭のイルカがジャンプしながら港の中へ入って行ったのであった。

い、イルカだ!! ほら、イルカ、イルカ、ほらほら、イルカ。うわ〜、イルカだ。

さっきまでの混乱と、新たなる興奮で、もはや錯乱状態。イルカと連呼しつつ行く先を見ると、港に入った漁船のスクリューが作る水流の中で、イルカたちは跳ねたり、回ったりしてはしゃいでいる。

しばらくはしゃいでいたイルカたちは、スクリューが止まると「はい、終わり」とばかりに港の外へ出て行った。

その間、わずか数分。

イルカの遊びは見て楽しかったけれど、落ちた!と思った瞬間を思い出すと、いまだにぞわぞわっとする。

コメント(2件) コメント投稿


ふ〜む。

ほめられると変に意識してぎこちなくなりそうです。

日常の気づいたことを、ふわっと書いた博物誌的なものは案外面白いかも知れませんね。

どっと・かめさん、ありがとうございました。

by なかむら ( 2021-10-27 20:33:12 )

わたくし、中村さんのこういう文章割と好きです。
どこかとぼけていて、結論らしきものもなくて、何より教訓めいたものが一切ないのはある種の「芸」ですらあります。
中村版『博物誌』(プリニウスではなくルナールの方)、読みたいなあ。

by どっと・かめ ( 2021-10-13 06:07:26 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2021年10月  >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

・氏名   中村唯史(なかむらただし)
・生年月日 1968年2月29日
・住所   島根県大田市
・職業   NPO法人石見銀山協働会議副理事長

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード