エントリー

ブログトップへ戻る


    2018-05-01 22:20:11 | おーい!中村です!!

続・続・大田の地震


4月9日の地震以来3週間が経過し、余震頻度が少なくなってきたものの、23日の震度3を観測した地震など、やや強い揺れもある。


9日以降、しばらくの間は余震のたびに「ごおっ」という地鳴りが聞こえ、その直後に揺れが訪れるというパターンであった。

ところが、23日の余震では明瞭な地鳴りは感じず、その後の余震でも当初のように地鳴りは聞こえていない。

発生回数自体が少なくなっているので、地鳴りの有無の確かさは定かではないし、そもそも地鳴りが聞こえる、聞こえないについては感覚的な部分もかなりある。

とはいえ、「(最初の頃のように)地鳴りが聞こえない」と感じているのは自分だけではないようなので、あながち気のせいでもないように思っていた。

何か理由があるのだろうかと考えていたところ、23日の余震を境に、ちょっとした変化があることがわかった。

早い段階の余震では、ある程度大きな規模のものは、震源位置が9日の本震の北側であった。一方、23日以降の3回の有感地震(最大震度3、2、2)はいずれも南側で発生している。震源位置が違うのである。

そのことが地鳴りの有無と関係するのかどうか定かではないが、破壊が生じた場所(震源)の岩質の違いや、破壊のタイプの違いが、明瞭な地鳴りを発生させる「振動」の違いにつながっているような気がしている。

コメント(1件) コメント投稿


9日1時32分の本震M6.1の後,同日9日の1時43分〜5時5分にM4.0〜4.9の余震が6回ありました.本震と余震の震源断層の走向は,北北西(N27W〜N35W)でした.一方,23日1時1分のM4.1の余震は北西(N46W)でした.時間経過により余震が少し変化した可能性があると思われます.

by Mr.T ( 2018-05-02 14:47:56 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年5月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

・氏名   中村唯史(なかむらただし)
・生年月日 1968年2月29日
・住所   島根県大田市
・職業   大田の自然史案内人

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード