もりふれ倶楽部では、森林ボランティアさんと一緒に、田舎体験、Uターン、Iターンを支援します。森と触れ合ったり工作をしたり自然と親しむ時間を提供します。大人も田舎体験、森林の散策、枝打体験など田舎を満喫できるイベントも盛りだくさんです

ホームページブログトップ

2008年2月のエントリー



    2008-02-25 23:34:27 | 里山子ども自然塾日記

第12回講座 炭焼き体験


2月23日に開催された、第12回講座「炭焼き体験」の活動報告日誌です。

平成19年度最後の里山子ども自然塾です。

 今日はドラム缶を使った炭焼き体験をし、竹炭を使って風鈴を作りました。
初めに講師の洲浜寿晴さんから、炭焼きとは木材を蒸し焼きにして炭を作ること。木炭には白炭(蒸し焼きが終わってから窯の外に引き出して消化した者)と黒炭(蒸し焼きが終わってから窯を密封して消化したもの)の二種類があるという話を聞いて、実際に炭焼きの体験をしました。

 公園にはドラム缶窯が2つあり、1つは、窯の底に敷き木を敷き、炭材を詰め込み口焚きします。炭化中は、窯口の通風口を残して粘土でふさぎます。炭化時間は約8時間から10時間ぐらいだそうです。もう1つの窯は、事前に講師の洲浜さんに炭焼きをしてもらい、当日開いて実際の出来上がりをみました。実際に炭が出来ているのをみて、子供たちは驚いていました。

第12回講座 炭焼き体験
第12回講座 炭焼き体験
第12回講座 炭焼き体験

第12回講座 炭焼き体験

 学習室に帰り、竹炭風鈴を作りました。この竹炭は高温で二度焼きした炭です。残念ながら公園のドラム缶窯では難しいそうです。

 子ども達は紐を編んだり、竹炭に紐を通すのに手こずりながらも何とか仕上げました。出来上がった風鈴はとてもきれいな音色で、今年の夏は快適に過ごせそうです。

第12回講座 炭焼き体験

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2008年2月  >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 1

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード