もりふれ倶楽部では、森林ボランティアさんと一緒に、田舎体験、Uターン、Iターンを支援します。森と触れ合ったり工作をしたり自然と親しむ時間を提供します。大人も田舎体験、森林の散策、枝打体験など田舎を満喫できるイベントも盛りだくさんです

ホームページブログトップ

エントリー

ブログトップへ戻る


    2019-08-23 | もりふれ倶楽部日記

H30 もりふれ倶楽部日記 6


12月4日(火)飯南町立来島小学校緑の少年団
 飯南町立来島小学校1,2年生17名に対して、島根県森林インストラクターでネイチャーガイドの池田友紀氏の指導で、森林や自然と親しむため、学校林を散策し、拾ってきた落ち葉を使ってカルタ取りや、木の葉調べ、葉っぱを張り付けたステンドグラスづくりを行いました。


12月6日(木)み〜もスクール 第3回母衣小学校
 松江市母衣小学校5年生94名に対して、第3回みーもスクールとして「ヒノキの和紙作り体験」の指導を行いました

 
12月9日(日)川本研修 
 
川本町主催。「楽に切れる目立てと安全なチェンソー作業の姿勢」研修、「丸太を使った玉切りや安全正確な伐倒」研修、「立木の伐木造材」研修を実施しました。

 
12月13日(木)出雲商業高等学校対応
 島根県立出雲商業高等学校において、商業美術科の3年生9名に対し、「鳥がつくる森」と題しての講義を行い、学校林に入って自分が鳥だったら、どんな実を見つけるのか探した後、実の説明を行いました。

             

12月14日(金)出雲西高等学校対応
 出雲西高等学校おいて、環境福祉コース2年生64名対して、環境の授業の中で、島根県森林インストラクターの池田友紀氏による「森と生物多様性」の講義と間伐材の紙漉き体験の指導を行いました。

 

12月15日(土)第9回大人のための自然観察会 
 ふるさと森林公園において、第9回大人のための自然観察会を開催しました。 

 

12月16日(日)第8回里山自然塾
 島根県主催「第8回里山自然塾〜来年に向けてミニ門松づくり、今年の思い出を草木実で1枚の絵にして手作りピザを楽しむ」を開催しました。「門松」の話を聞いた後2班に分かれ、事前に作ってあったピザのトッピングを行った後ドラム缶でピザを焼きました。午後からは講師の伊原千里氏より、事前に用意して頂いた植物を解説して頂き、ミニ門松を作りました。また、園内を散策して採取した植物でA3の用紙に表現し、デジタルカメラで写し映写会を楽しみました。  

 1月10日(木)出雲農林高等学校対応
 
島根県立出雲農林高等学校において、環境科学科1年生32名に対して、林業技士の野田真幹氏「島根の森林・林業と森林保全について」の講義と、森の名手・名人響繁則氏と野田氏の掛け合いで「響式原木シイタケ生産システムの確認」の話しの後、シイタケの植菌とホダ木の伏せ込みの指導を行いました。

     

1月13日(日)第9回里山自然塾
 
島根県主催「第9回里山自然塾〜春の七草を楽しもう」を開催しました。NPO法人もりふれ倶楽部理事の佐藤仁志氏から春の七草を学んだ後、参加者に七草を刻んでもらい、玄米を使った七草粥にふりかけていただきました。午後からは昔ながらの臼と杵で餅をつき、ぜんざいで頂きました。

             

 1月14日(月)第10回大人のための自然観察会
 
ふるさと森林公園において、第10回大人のための自然観察会を開催しました。

 

1月15日(火)出雲西高等学校
 
安来市立赤屋小学校学校林において、出雲西高等学校環境福祉コース2年生32名に対し、環境の授業の中で、枝打ちの指導を行いました。

 

1月15日(火)しまね森づくりコミッション出前講座41(出雲郷小学校)
 
松江市立出雲郷小学校特別支援学級5名に対して「木切れ工作」の指導を行いました。

                 

1月17日(木)しまね森づくりコミッション出前講座42(湖陵小学校)

 出雲市立湖陵小学校において、3年生42名に対して、「森林保全の大切さ」の講義と「木切れ工作」の指導を行いました。

      

1月18日(金)出雲西高等学校対応
 出雲西高等学校おいて、環境福祉コース2年生63名対し、環境の授業の中で、林業技士の野田真幹氏による「森林を活かす」の講義と草木染めの指導を行いました。

                 

1月19日(土)山林復興ボランティア
 
故栗栖誠氏(浜田市長見)の山林復興ボランティアとして、国土緑化推進機構認定「森の名手・名人」故栗栖誠氏の森林を再生し、その多彩な森林育成の方法と森林経営を再認識するため、下刈り作業と山林の確認を行いました。    

1月20日(日)出雲西高等学校インターアクトクラブ対応
 
出雲西高等学校インターアクトクラブと一般公募の参加者に対して、安来市赤屋地区高齢者福祉センターで森林保全イベントを行いました。林業技士の野田真幹氏より森の話を聞いた後、インターアクトクラブ員の活動報告と情報交換会を運営し、赤屋小学校学校林にて間伐体験と事前間伐後の片付け作業の指導を行いました。

 

1月22日(火)しまね森づくりコミッション出前講座43(南中学校)     
 出雲市立南中学校1年生29名に対して、「森の大切さの講義」とシイタケの植菌をする前の事前学習を指導しました。

 

1月24日(木)しまね森づくりコミッション出前講座44(福井小学校  
 海士町立福井小学校5,6年生19名に対して、「森林保全の大切さ」の講義と「和紙作り」の指導を行いました。  


1月26日(土)~27日(日)森林インストラクター・スキルアップ研修
 
しまね森林活動サポートセンター主催の「島根県森林インストラクター・スキルアップ研修」の企画・運営をサポートさせていただきました。

 

2月1日(金)松江市立本庄小学校対応
 
松江市立本庄小学校4年生13名に対して、「森林保全の大切さ」の話と紙漉き体験、間伐体験,植菌済ホダ木の伏せこみの指導を行いました。

  

2月3日(日)森林ボランティア(楽山公園)
 
松江市楽山公園において、「1日限りの作業班」シリーズの一環として、竹林の整備を行いました。

 

2月4日(月)松江農林高等学校対応
 
島根県立松江農林高等学校において、総合学科地域クリエイト系列2学年10名に対して、林業技士の野田真幹氏から「響式原木シイタケ生産システムの確認」の講義と、響氏より農林業の実体験を交えた話を聞いた後、シイタケの植菌実習とホダ木の伏せ込みの指導を行いました。

   

 2月7日(木)しまね森づくりコミッション出前講座45(三刀屋小学校)
  
雲南市立三刀屋小学校5年生48名に対して、森の大切さの講義と植樹をする前 の事前学習を行いました。

   

 2月9日(土)樹木診断講座
  松江市公園緑地課と共同主催で、松江市城山公園内において、樹木診断講座を開催しました。参加者20名は公園内を散策して、樹木医の方たちから、樹木診断法や樹勢回復方法を教わりました。

    

2月10日(日)森林ボランティア(江津東小)
 
江津市立江津東小学校学校林において、「1日限りの作業班」シリーズの一環として、除伐と片付けをおこないました。

                

2月11日(祝・月)森林ボランティア(出雲郷)
  松江市出雲郷公民館近くの山林において、「1日限りの作業班」シリーズの一環として、竹の伐採を行いました。午後からはまつえ市民会議のメンバーと合同で竹の片付けと竹細工を楽しみました。

   

2月16日(土)森林ボランティア(出雲郷)
 
松江市出雲郷公民館近くの山林において、「1日限りの作業班」シリーズの一環として、竹の伐採と片付けを行いました。午後からはまつえ市民会議のメンバーと合同で竹の片付けと竹細工を楽しみました。

               
2月17日()第10回里山自然塾
 
島根県主催の第10回里山自然塾「里山で、ツルかご編みを楽しむ!冬にしみる温かさ、年々進化する究極の焼き芋も楽しむ!」を参加者22名で実施しました。

     

2月22日(金)出雲西高等学校対応
  
出雲西高等学校おいて、環境福祉コース2年生2クラス63名対して、環境の授業の中で、林業技士の野田真幹氏による「森林保全の大切さの」講義とネイチャーゲームの指導を行いました。

                   

2月23日(土)第11回大人のための自然観察会
 
ふるさと森林公園において、第11回大人のための自然観察会を開催しました。 

 

2月23日(土)川本研修対応
 川
本町主催「伐木・造木・集材研修」楽に切れる目立てと安全なチェンソー作業の姿勢研修、丸太を使った玉切りや安全正確な伐倒のための研修、立木の伐木造材研修を実施しました。

   

3月2日(土)しまね県民の森ふれあい講座
 
しまね県民の森ふれあい講座「雪だるまの森づくり、餅つきと呉汁」を実施しました。今年雪が降らなく、心配しましたが、島根県中山間地研究センターの県有林スタッフの方に、ダンプで何往復もして雪を運んでもらい実施が出来ました。子どもたちは大喜びでした。大人も童心に帰り雪遊びを楽しむことが出来ました。 

 

3月3日(日)第11回里山自然塾
 
島根県主催「第11回里山自然塾 定年退職後や週末の里山暮らしのヒントを探そう!燻製・シイタケ植菌体験」を開催しました。併せて「ふるさと森林公園開設25周年記念イベント」を行いました。参加者40名は、島根県緑化センターの家中調整監から挨拶があった後、林業技士の野田真幹氏から「響繁則氏の農林業」の話を聞き、2班に分かれ、シイタケの植菌と燻製の作り方の座学と見学を交代で行った後、植菌したホダ木と燻製のお土産をもらい、充実した1日を過ごしました。 

3月8日(金)出雲西高等学校対応
 
出雲西高等学校おいて、環境福祉コース2年生2クラス63名対して、環境の授業の中で、理事の池田友紀氏から、クイズを出しながら「サクラについて」と題して講義を行いました。また、体験コーナーで、理事長の野々村俊成氏が無煙炭化器を使った「飾り炭」の指導を行いました。

 

3月16日(土)水源の森、サクラの広場づくり事業
 環境学習の一環として出雲西高校のインターアクトクラブの生徒・教職員と一般参加者・指導者・島根県企業局の職員による植樹を行いました。スサノオ会館で企業局から水の大切さや飲料水のシステムについ話を聞いた後、佐田町吉野の林地で40本の山桜の苗を植樹しました。

 

3月17日(日)森林ボランティア(出雲郷)
 
松江市出雲郷公民館近くの山林において、雨の中まつえ市民会議のメンバーと合同で竹の片付けを行った後、米粉ケーキとクロモジ茶で疲れを癒しました。

 

3月30日(土)第12回大人のための自然観察会
 
ふるさと森林公園において、第12回大人のための自然観察会を開催しました。 







コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード