植富トップページ ブログトップページ

2017年12月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-12-29 | アラブロ

お庭の提案について考える


今年も残すところあとわずか、、今年も色々なお庭作りや剪定などで
関わらせていただきました。

その中で庭作りに関して感じた事があります。
作庭のご依頼を頂いてご提案をする際、お客さんとどこまで
出来上がる庭のイメージを共有できるか、また出来てからの管理を
お客さんがどこまでするのか、ということの確認など、そういったこと
を、より細かくお互い認識している方が、その後もいい庭が続くんじゃないか。
ということです。

当たり前の事と思われるかもしれませんが、初めてお庭を持たれる
お客さんは、木の事や剪定の事などわからないことだらけだということを、
植木屋が前もって認識していないといけないと思います。

そういったことも踏まえて、出来上がった時はもちろん、その後も
お庭が綺麗に維持できて、癒しだったり楽しい空間にならないと
庭そのものが残っていかないと思います。

また年代によっても庭との関わりが全然違って、30代のご夫婦なんかだと
(僕もそうですが)平日は仕事で帰りが遅く、家に帰っても家事や育児で忙しく、
たまの休日も子供たちを連れてお出かけ、、となると、どうしても
庭の草むしりや、木の事などには意識を持っていくのもなかなか難しく
なっちゃうと思います。
そうすると自然と手間のかからない、ローメンテナンスな植物や庭が良いかなー。ということになったりします。

また逆に60代から70代の方はお家にいる時間も比較的多いと思いますし
そうなると庭に出て草を抜いたり、自分で買ってきた草花を植えたり、、と
庭で過ごす時間も増えてくるので、色々な構想や、もっとよくしたい!と
いった展望なども湧きやすいと思います。

そういった色々な世代、また状況に併せて、僕ら植木屋が想像を膨らませて
各々にあったお庭を提案することで、お客さんに負担の少ない、または
もっと楽しめるお庭を作れるんじゃないかなぁと思います。

そこのところをもっともっと考えて、突き詰めることも、提案力の向上に
つながっていき、また長く楽しんでもらえる庭になっていくと思います。

3994 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年12月  >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog