加納美術館ブログTOP 加納美術館ホームページ

2019年5月のエントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー


    2019-05-01 10:08:53 | 館長の部屋

加納莞蕾大回顧展へお越しください


当地出身の加納莞蕾(かのうかんらい)は、若い頃に岡田三郎助にの下で写実的な描き方を身に着け、フランスで生まれたフォービスムと呼ばれる独自の表現方法に出会いました。
戦時中、中国大陸に移ると、写実的な絵を多く描き高い評価をえました。
戦後、平和運動を進めながら、彼は再びフォービスムに戻るととともに水墨画を描くようになりました。この時期の作品は「水墨画におけるフォービスム的表現」と呼べるものです。
奔放で壮大なスケールの画家の人生を体感していただきたいと願っています。
1266 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年5月  >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog