加納美術館ブログTOP 加納美術館ホームページ

美術館スタッフから - 2016年10月のエントリー



    2016-10-05 17:13:01 | 美術館スタッフから

広島からのメッセージと加納莞蕾の想い


平成26年、安来市は合併10周年を記念して「安来市非核平和都市宣言」を採択し、平和への意識を市民に持ち続けていただくため昨年より安来市平和事業をおこなっています。

本年度開催する「広島からのメッセージと加納莞蕾の想い」では、広島の原爆で亡くなった子どもたちの「最期のことば」や市民が描いた原爆の絵、被ばくした盆栽がアメリカに渡った物語を描いた絵本『ヒロシマの平和の木』(文・サンドラ・ムーア 絵・ワイルズ一美)の原画を展示し、平和を願う人々の思いに触れていただけたら幸いです。


「市民が描いた原爆の絵」より

    

                                       
平穏な暮らしを送っていた人々が、一瞬のうちに生命を奪われ家族を失いました。「なぜこんな目にあわなければならないのか」という被ばくの者の無念さや悔しさ、悲しさはたやすくなくなるものではありません。
展示室には前回の「人形作家安部朱美展」で来館者に折っていただいた多くの鶴が作品に添えられています。




「アメリカからのメッセージ」より


   

            
アメリカに住むサンドラ・ムーアさんは、ワシントンにある国立樹木園で広島の市民から建国400年を祝ってアメリカ政府に贈られた「ミヤジマ」という盆栽に出会いました。
樹齢400年の「ミヤジマ」が、原爆を生き抜き日米友好に役立っていることを知った彼女は「広島の平和の木」という物語を書き、アメリカ在住で島根県ゆかりのワイルズ一美さんが絵を描きました。
原画を通して平和の尊さと互いに許しあう心を感じとっていただけたら幸いです。






4149 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2016年10月  >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog