2016年2月のエントリー



    2016-02-17 | そしてボクは空に住む

雪の降る町


空に近い町 とみやまからこんにちは。
ご無沙汰しております、地域おこし協力隊員の竹内です。

ボクは瀬戸内海沿岸の、比較的温暖な地方で生まれ育ちました。
車は年中ノーマルタイヤでしたし、雪だるまを作れるほどの積雪もありませんでした。
そんなボクも、今年は積雪デビューをしました。






33歳にして、初の雪だるまづくりもしました。



今年は、比較的暖冬で雪が少ないそうですが、ボクから見ればそれでも雪だるまを作れるほどの積雪なんて、スゴイことです。
雪が降って当たり前の地域に住む方からすると、「雪なんて」と思われるでしょうが、そうでないと「雪が降るなんてすごい!」になるんですよね。
これは、当たり前の事が実は「とても魅力的」だという、わかりやすい事例だと思います。
勿論、積雪の弊害なんてものもある訳ですが、それでもボクは感動しっぱなしです。
「何もない地域なんてありません」



雪を甘く見ているわけではありません。
車はスリップするし、冷気で水道管が凍り付くこともあります。
でもボクはこの町が愛しい。
見学で訪れた時に一目ぼれして、そのまま直感を信じてこの町へ飛び込んできたけど、その選択は正しかったと思っています。
(人生を左右する事なので、他の地域の情報を集めたり見学もして、慎重に考えてはいましたが。)

UIターンを考えておられる方が、このブログをどれだけ読んでくださっているかわかりませんが、一応書いておきます。
過疎地域での生活は甘くありません。
「携帯電話の電波が入るか?」「インターネットは使えるのか?」「トイレは水洗か?」「お風呂は薪かボイラーか?」「車は4駆じゃなくても走れるか?」
ちゃんと調べてますか?
それから、移住を検討している地域に「惹かれていますか?」
「惹かれているかどうか」は、その後の生活のモチベーションを左右する1番大事なポイントだと思いますよ。

では、ひとまずこの辺で。
空に近い町 とみやま より。 竹内こうじ

3369 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2016年2月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

●氏名 竹内 恒治
(たけうち こうじ)

●生年月日 昭和57年3月5日(18歳)

●住所 島根県大田市
      富山町(とみやま)

●職業 いたずらっ子

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード