ふなやんの日々是好日


【口上】
  我が輩は、見ての通りの猫である。あの文豪の作品に登場する猫に倣わずとも、名前はまだない。勝手に住み着いた家の主は食い物をくれても、名前など付ける気配は毛頭ないようだ。
 ここに住まいをいたして、様子はいろいろ変わった。なんでも2007年夏、一帯の石見銀山遺跡とやらが、すったもんだの挙句、日本では14番目という世界遺産に選ばれたとか。難しいことはよく分からんが、人間どもがそう騒いでおった。
 やがて秋になると、家の前を観光客で満員のバスが行ったり来たり。ずっと昔、銀を掘り出した穴倉の見物だそうだ。我が輩はネズミを追いかけて、薄暗い穴によく飛び込むが、人間もそんな場所が好きだったとは意外である。
 そうこうするうち、今度はバスの騒音や排気ガスという、ネコの頭にはちんぷんかんぷんの環境問題というものが持ち上がった。確かに、のんびり昼寝もままならぬ。ここにも山の神さまがいるのだろう。ある朝、でっかい岩が道を塞いでいた。
 以来、我が輩の目の前からバスの往来は途絶えたままだ。きょうも静かに日が暮れる。晩飯も食ったし、後は寝るだけ。ありがたや、ありがたや。(
島根県大田市にて) 

【人間も一言】バスによる環境問題(排気ガス・騒音・振動)は、急増した観光客のために、元からあった路線バスの運行を大幅に増便したために起こりました。この落岩事故を契機とし、地元自治会の要望を受ける形で、2008年10月から坑道(龍源寺間歩)の見学に向かう路線バスの運行は全面廃止になりました。 

新着順エントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-09-05 12:29:25 | ふなやんの日々是好日

行く夏来る秋 オニヤンマ追想


 秋気冷涼——うだる暑さも峠を越し、ようやくこの言葉を実感できるようになった。
 豊かに実った田んぼでは、あちこちで稲刈りが始まっている。あぜ道の草むらで、一匹のオニヤンマが、もがくように激しく羽音を立てていた。羽化したばかりでまだちゃんと飛べないのか、それとも、寿命をまっとうしようとしているのか。
 いずれにしろ、そのままでは誰かにうっかり踏まれかねない。そっとつまんで、傍の稲穂にとまらせた。行く夏来る秋、季節のバトンタッチを思った。
 少年時代の夏休み、網を手に虫を追い駆けた子どもたちの憧れの的だったオニヤンマ。果敢にも、スズメバチを襲って捕食するという。もしも昔に知っていれば、そのヒーロー度は何十倍にも増していたに違いない。島根県邑南町で
308 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年9月  >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

●なまえ…船津健一●住んでるところ…2005年春、会社の人事異動で神戸市から島根県へ。4年後、定年退職するも引き続き島根に在住。自宅は神戸市中央区山本通にあり、気が向くと帰省するという二地域居住中●飼っている動物…ワンが1(英語で発音してください)
●好きな食べ物…しまね和牛、どんちっちノドグロ(の干物)、蕎麦、鮨、カツ丼、餃子、納豆、自分で作った、カレーと焼き飯とパスタとオムライス●仕事…フォトエッセイスト/日本写真家協会会員







会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード


TopPage access 81938