なっちゃんの日々是好日

2022年12月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2022-12-12 | なっちゃんの日々是好日

や、や、や!ついに出たか⁈


大ベストセラーになった佐藤愛子さんのエッセー集「九十歳。なにがめでたい」から8年。
昨年8月、「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」に収録されたエッセーで、「さようなら、みなさん」と断筆宣言した愛子センセー。
「もう読めなくなるのかぁ」と、愛子ファンとしては、すごく残念、ずいぶん寂しい思いをしたものです。

ところが、つい先日、Amazonが狄郡瓩箸靴董屬發Δ垢99歳 愛子の箴言集 ああ面白かったと言って死にたい」をサイトに掲載。
「ん?え?お!これはひょっとして、来年100歳を迎えるのを目前に、ウルトラサ〜ビスか?」。
意気込んで、本の内容をチェックしたら、出版社の社名が変わっただけの焼き直しバージョンでした=添付写真。

なんせ、来年100歳。ギネスブックに載らないのが不思議なくらいの長命作家ですから、これまで発表したエッセーはもはや数え切れない、物凄い数でしょう。
で、大手に限らず中小の出版社が、その中から珠玉の原稿を再編集して出版するのは、これまでもあり、別に珍しいことではありません。
このことについて、センセーも一度、エッセーの中で触れたことがあります。
自分の記憶に基づいて要約すると、ずっと昔に一度本にして載せたものを、また出すのは気が引ける、という意味のことを出版社の編集者に告げると、「いえ、当時の読者の多くはこの世におられません。おられたとしても、何が書いてあったかなんて覚えてません」。

ま、確かに、自分も、新しく買ってきた本をかなり読み進めてから、「あれ?これ読んだことあるなぁ」と、ようやく思い出すこともある始末で。

とにもかくにも、祈るのは、センセーがずっとご健勝で、その内いつか「撤回するぞ! 断筆宣言」の一声を聞きたいものです。

上が2022年9月刊、下が2012年7月刊

1993 count

コメント(0件) コメント投稿

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2022年12月  >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のエントリーはありません。

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

●なまえ…孫乃関六●住んでるところ…2005年春、会社の人事異動で、神戸から島根県大田市へ引越し。数年後、会社を卒業するも、引き続き、島根に家を借りては引っ越しを繰り返す。居住歴は大田市大田町、同大森町、同仁摩町、邑智郡邑南町、飯石郡飯南町、出雲市●島根での撮影は、「旅人の視点で」がモットー●飼っている動物…ワン子(柴とコーギーのミックス犬)
●好きな食べ物…しまね和牛、どんちっちノドグロ(の干物)、蕎麦、鮨、カツ丼、餃子、納豆、自分で作ったカレーと焼き飯とパスタとオムライス●仕事…フォトエッセイスト/元・日本写真家協会会員(Japan Professional Photographers Society)











会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード